大前研一 日本の論点2018~19

大前研一 日本の論点2018~19

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

コンサルティング界伝説の人物、世界的な「知の巨人」の大前研一が著する累計30万部の大人気シリーズが今年も発売!
この1冊を読むだけで、今年、日本や世界で話題となるポイントがわかる。
巻末のベルリンフィル第一コンサートマスターである樫本大進氏との対談にも注目。

【著者紹介】
大前研一(おおまえ・けんいち)
早稲田大学卒業後、東京工業大学で修士号を、マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得。
マッキンゼー・アンド・カンパニー・インクを経て、現在(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役、ビジネス・ブレークスルー大学学長、ボンド大学経営学部教授。
著書に『稼ぐ力』(小学館)、『新装版企業参謀』(プレジデント社)、『低欲望社会「大志なき時代」の新・国富論』(小学館)ほか多数。
「ボーダレス経済学と地域国家論」提唱者。
マッキンゼー時代にはウォールストリート・ジャーナル紙のコントリビューティング・エディターとして、
また、ハーバード・ビジネスレビュー誌では経済のボーダレス化に伴う企業の国際化の問題、都市の発展を中心として拡がっていく新しい地域国家の概念などについて継続的に論文を発表していた。
この功績により1987年にイタリア大統領よりピオマンズ賞を、1995年にはアメリカのノートルダム大学で名誉法学博士号を授与された。
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。
経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

【目次より】
◆sideA 日本の主役交代
○デジタル化による「破壊」は産業の突然死さえ引き起こす
○東芝を沈めた原発事業「大誤算」、だれの責任か?
○安倍vsプーチン、北方領土をめぐる密室会談の中身を語ろう ほか

◆sideB 世界の主役交代
○「泥沼」の中東情勢、テロと国家の戦いはまだ続く
○ロシア疑惑に揺れるトランプ政権「崩壊の足音」
○勝算は絶望的、「裏切り者」となったイギリスのEU離脱交渉 ほか

ジャンル
出版社
プレジデント社
ページ数
288ページ
電子版発売日
2017年12月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

大前研一 日本の論点2018~19 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年01月08日

    年のはじめに今知っておくべき世の中の動きを、ざっくり理解することができる。社会人の基礎勉強の手始めにオススメの本。今回は一気に読み進めたので頭にしっかり入れることができた。プレジデントの原稿の再録だから、1年以上前に書かれたものもある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月06日

    お友達か思想信条かイエスマン
    自分と意見が違う人
    独仏の良好な関係
    この国を変えるのは自分だ
    稼ぐ力はトップのビジョンと判断力
    経営力、金はあるが
    海外の会社をマネージメントできるグローバル人材を20年にかけて育てる
    稼ぐ力には間接業務の生産性向上。定型と非定型に分ける。非定型はクリエイティブで思考...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月14日

    少々読むタイミングが遅かった。
    しかし、このころの予測が現実はどうか、という視点からはおもしろかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月29日

     今年も読んでしまった、大前研一「日本の論点」シリーズ。

     全体を通して言えるのは、日本の政治、企業に最終的な大局観を持っていないように感じる。
     将来、どうあるべきなのか。そのために現在、どうするべきなのか。
     小手先の弥縫策ばかりを連発して乗り切っても、最終的には取り返しのつかない没落を招いて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年02月04日

    毎年読む社会の本。日本は可能性がいっぱい。でも変化をしないから終わる。「どう変化するか」それだけ。



     話題はもう毎年変わらなくなってきている。とはいえ、それが変わらないってのは、日本社会が変わっていないからである。もし日本が新たなことにチャレンジしてたら、大前さんがそれを批評しているはず。
     ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています