世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」

世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

世界のビジネスエリートがこぞって身につける教養「西洋美術史」をわかりやすく解説。約2500年分の美術、そして関連する世界史の知識が一気に身につきます。これまで以上に、絵画や彫刻、建築が身近になると同時に、グローバルスタンダードの教養が身につく、あなたの世界観を広げる一冊です

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年10月06日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
54MB

世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月12日

    「美術は見るものではなく読むもの」

    西洋美術の変遷を時代ごとに追いながら
    その様式の特徴だけではなく時代背景や人物像を
    紹介してくれるおかげで多くの学びがある一冊。

    芸術好きなら聞いたことのあるアーティストの名前が沢山でてくるが、一人ひとりポイントを抑えて簡潔に説明してくれるおかげで、自分の知識...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月18日

    中学校での歴史の授業から機会なく生きてきた人間には、大変素晴らしい世界美術史の教科書になった。
    著者のあとがきの通り、この知識だけでもある時と無い時では、551の蓬莱並みに、世界で出会う美術館の見方と理解が違う。
    20年前に読んでいたらと悔やまれるが、これから頑張ろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月21日

    先輩から、気になってお借りした本。

    今まで、美術関係の本なんて読んだことがなかったけれど
    も挑戦してみました。
    紀元前の美に対する考え方から、近代に至るまで西洋の各国の美術を歴史の大きな出来事などとの深い絡みを踏まえて見方や意味合いが変わっていく、その変遷過程がわかりやすくまとめられていて、素人な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月15日

    借りたもの。
    西洋美術史をヨーロッパ社会の世界情勢とそれに伴う大衆の価値観の変化から解読してゆく。
    私も西洋美術史を学んだ身だが、忘れていた“視点”を思い出させてくれた。

    それまで「画家が時代を反映してどういう作品を遺したか」という“画家中心”の視点から、「画家たちを支えたパトロンやひいてはその需...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月07日

    最近ビジネス書や自己啓発本を読む事が多く、内容もマンネリ化してきたため、毛色を変えて美術史に目を向けてみた。個人的に世界遺産が好きで資格も持っているが、美術に目を向けた事がなかったので本書を手にした。

    [before]
    特に美術に関しての知識や教養はなく、有名な人しか知らない上に、作品の背景につい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月21日

    確かに美術とは読むものなんですね。歴史となぞらえると美術の流れが良く理解できます。 昔、歴史の勉強で、文学美術が苦手でしたが、このように歴史とキッチリ結びつけて行けば、楽しく覚えられると思いました。 手元に置いておきたい一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月16日

    西洋美術は見るだけではなく、読むもの。

    歴史的な出来事と美術史の関連が網羅的に記載されていて、文脈を理解するために美術館に行ってみたくなる。

    美術館に行って、またこの本を読むとまた理解が深まりそうで、それだけで読む価値がある一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月30日

    この本の中で古代ギリシャから始まり、中世、近代での美術の立ち位置を感じることが出来た。美術が誰の為に作られ、どのようなものが好まれたか、その時代の宗教(カトリック、プロテスタント)、国の体制に深く関連しているという事がよくわかる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月15日

    西洋美術入門書として勧められた一冊。
    時代背景の流れが丁寧に描かれており、様々な流派が生まれた背景がすっと入ってくる。
    個人的には、絵画は絵画を買う人、いわばその時代に力を持っている人やコトの影響を強く受けていることを歴史的事実踏まえて再認識できたことがおもしろかった。

    改めて世界史や芸術を勉強し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月18日

    美術がわかると世界史が理解できてくる。
    特にヨーロッパ大陸の歴史はわかりやすくなると思う。

    権力への抵抗など知れば知るほど面白い分野だ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています