神秘大通り(上)

神秘大通り(上)

作者名 :
通常価格 2,530円 (2,300円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

メキシコ・オアハカのゴミ捨て場育ちの作家が、雪のNYからマニラへと、古い約束を果たす旅に出た。いつしかそれが過去への旅に。娼婦にして教会の掃除婦だった母。サーカスのライオンに殺された妹。宣教師とトランスヴェスタイトの愛情深い養父母。怪しい美人母娘を道連れに、作家の感傷旅行はどこへ向かうのか。上巻。

ジャンル
出版社
新潮社
電子版発売日
2017年09月08日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

神秘大通り(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年10月10日

    今年の「美しい装丁No1」だと思う。上下巻を並べて完成する絵柄、ターコイズブルーに金箔使い、物語中に出てくる動物たちのモチーフ。
    アーヴィングはいつも読む楽しみを与えてくれる。流行りの奇想やミニマリズムではなく、「ユニークな登場人物、奇想天外なエピソード豊富、ドラマチックな運命を辿るおもしろい長編小...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月10日

    まず、装丁がいい。
    それから、アーヴィングの個性ともいえる、同性愛者や両性愛者、障害を抱えたキャラクターなど、個性的でどこか不完全な人々が次々に登場して、ワクワクする。まるで完全な人などいないと言われているようである。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月19日

    久しぶりにじっくりとアーヴィングを読んだ。
    愛おしくなる不遇な登場人物たくさん。
    混乱の極み。
    宗教に明るくないので、そのあたりの背景などが捉えられないけど。
    でも、アーヴィング、やっぱり嫌いじゃない。
    過去と現在を行き来する構成も、面白かった。
    この装丁は、一番すき。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月28日

    メキシコ系アメリカ人作家として大成した主人公だが、幼いころはメキシコのゴミ捨て場で暮らすダンプキッズだった。
    心が読めるが会話のできない妹、心優しい女装趣味のゲイの娼婦、愛ゆえに堕落したアイオワ出身の司祭見習、旅先でつきまとう美貌の母娘、サーカス、犬、そして犬、犬。
    隅から隅までアーヴィング。
    装丁...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月25日

    同じ人物の名前を場面どころか一文の中で言い換えているので,非常に煩雑で始めは読みにくくて仕方がなかった.だんだん慣れてくるが,過去と未来,妄想と現実が入り乱れ,フワン・ディエゴとともにどこへ行くのか読み手の方も着地点が見えず,どんどん世界が広がっている感があるが,後半に期待するとしよう.カトリック(...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月08日

    メキシカン文学者の人生を描くアメリカ小説。

    久しぶりだったので、いきなりアーヴィングワールドの洗礼を浴びました。
    主人公フワン・ディエゴの呼称がダンプ・キッド、少年、ダンプ・リーダーと最初の10ページ足らずで多岐にわたり、父親的存在のリベラもダンプ・ボス、エル・ヘフェなどと呼ばれることから、何が誰...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

神秘大通り のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 神秘大通り(上)
    2,530円(税込)
    メキシコ・オアハカのゴミ捨て場育ちの作家が、雪のNYからマニラへと、古い約束を果たす旅に出た。いつしかそれが過去への旅に。娼婦にして教会の掃除婦だった母。サーカスのライオンに殺された妹。宣教師とトランスヴェスタイトの愛情深い養父母。怪しい美人母娘を道連れに、作家の感傷旅行はどこへ向かうのか。上巻。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 神秘大通り(下)
    2,530円(税込)
    メキシコ・オアハカのゴミ捨て場育ちの作家が、雪のNYからマニラへと、古い約束を果たす旅に出た。いつしかそれが過去への旅に。娼婦にして教会の掃除婦だった母。サーカスのライオンに殺された妹。宣教師とトランスヴェスタイトの愛情深い養父母。怪しい美人母娘を道連れに、作家の感傷旅行はどこへ向かうのか。下巻。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

神秘大通り に関連する特集・キャンペーン