インディゴの気分
  • 完結

インディゴの気分

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

[ポルノグラファー]の過去編にして完結編、担当編集・城戸×若き日の官能小説家・木島のスピンオフ! ポルノ作家と俺の“言えない”お仕事――「さっきの…気持ちよかった?」 【登場人物】◆木島(きじま)・・・純文学崩れのポルノ作家。蒲生田の弟子になる。◆城戸(きど)・・・官能小説の編集者。困窮する木島に執筆を依頼。◆蒲生田(がもうだ)・・・死期の迫る官能小説の大家。鬼畜なくせ者。 (~本文より一部抜粋~)「じゃあ、こいつのブツをしゃぶれるか?」――イカせられたら俺の遺作はくれてやる。蒲生田の問いかけに、木島は訝しく眉をひそめた。あまりの提案に悪趣味だと狼狽する城戸だったが、木島の脳裏には、この仕事が絶対に欲しいと懇願してきた城戸が、あのとき握られた手の熱さが、よぎった。「やるよ。何てことないだろ、これくらい」そう言うと、城戸のまだ柔らかなそれを口に含み、いやらしく音を立てながら舌を這わせはじめる…。かつて憧れた男が跪き、淫らにその屹立を咥える光景は城戸の嗜虐心をひどく煽った。そして―――…。 [ポルノグラファー]から遡ること数年。凡人の憧れ×天才の孤独を描いた、城戸と木島の“言えない”過去の物語。

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
onBLUE
電子版発売日
2017年09月01日
紙の本の発売
2017年08月
サイズ(目安)
71MB

インディゴの気分 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    裏にこんな物語があったとは

    あかり 2020年12月31日

    ポルノグラファーの前日談。木島と城戸の関係に焦点があてられた今作。個人的には木島と久住の組み合わせが好きだが、城戸との組み合わせも縮まりそうでまったく縮まらない関係が良い。一歩違えば二人がハッピーエンドになる結末もあったのかと思うと感慨深い。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    文句なし☆5

    いろどりラムネ 2020年09月01日

    ポルノグラファーを超える作品
    木島がポルノ小説を書くきっかけになった、過去ストーリーです。

    この漫画が小説のよう。証左という言葉だとか、モノローグだとか、昭和かぶれた大御所とか、ポルノだけれど文豪というにふさわしい。

    ラブシーンも本筋とは別物なのに、こちらの絡みの方がエロティックでした...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Yoku 2020年04月01日

    ポルノグラファーがすごく好きでこちらも読んでみました。木島さんと城戸さんのお話ですね。とてもエロティック(言い方古い?)なストーリーですごく良かったです。木島さん溢れる色気全開です!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ポルノグラファーのスピオフ

    まる 2019年11月14日

    時系列ではポルノグラファーの前の話になります。でも、読むならばポルノグラファー → インディゴの気分 で読んでください!ポルノグラファーはもちろんよかったですが、こちらは前作からのしっかりしたストーリーを残しつつ、エロもしっかりあります。単純にエロというより雰囲気が良い!是非続きで読んでほしい作品で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    何度も読み返す作品

    tomoyanh 2018年01月21日

    前作のポルノグラファーを読んでからならなおよい。名前のつかない感情を必要とする人間関係。エロへの導入がとても好み。刹那の愛のようでありながら、ずっと特別な存在としてそこにある、友情のようなもの。リアルにある人間関係のようで、何度も読み返す数少ない作品のひとつです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月18日

    ポルノグラファーの、ポルノ小説家と編集者との過去編。前作も良かったけどこちらも良かった。過去編だけど過去~現在なので絶体前作読むべき。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月01日

    こういうの大好きだよ!!!!!!ポルノグラファー見てからのほうがいいけど、読まなくても話がわからないというほどではない。丸木戸先生は純文学の気だるい雰囲気を再現するのがお上手だなあきっと好きなのだろうなあ、と思ってしまう。男同士のモヤモヤした感情が好きな人は本当読んでいただきたい。

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    にすん 2021年03月01日

    木島と城戸はハッピーエンドにはならないと既にわかってるんですが、本編よりも評価がいいので、どう着地させるのか気になります。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    若気の至りとも言い切れず

    真名兎 2020年02月26日

    純文学一筋だった木島が、いかにしてポルノ作家になったのか。その紆余曲折が、生々しい葛藤とともに描かれていて、胸に突き刺さるようだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月16日

    ポルノグラファー原作およびドラマCD購入組

    城戸との過去がうまく想像できてなかったけどこんなだったのかと、木島が段々色気増してくんだよねすげえええええ
    久住(ポルノグラファーの攻)と城戸つったら城戸派だよな…これのドラマCDも買う気満々なんだけどこの内容を松田×新垣でしょ??期待しかないな??
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

インディゴの気分 に関連する特集・キャンペーン

同じジャンルの本を探す

インディゴの気分 ページトップヘ