潤うからだ

潤うからだ

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

生理、排泄、sex、妊娠、出産……。女性のからだで一番活躍していて、一番大切な場所、膣まわり。

あなたはその膣まわりをちゃんとケアしていますか?
この質問に、胸を張って「はい!」と答えられる人は、そんなに多くないのではないでしょうか。
あなたはきっと、顔や手足のケアはちゃんとしているでしょう。
顔はクレンジングや洗顔料、からだはボディソープなど、それぞれ専用のケア用品で洗い、洗顔したら化粧水や乳液、からだにはボディクリームやオイルで保湿をしているはず。
でも、顔やからだをどんなに丁寧にケアして潤わせても、からだの中心部にある膣まわりこそが、一番潤っていなければいけないということを知っていますか?
膣まわりが清潔で、保湿され、潤っていることによって、良質な粘液を出し、免疫力を上げ、膣の萎縮を防ぎ、妊娠力を上げて、出産もスムーズにでき、更年期を穏やかに迎えられる。
ひいては介護する側もされる側もやりやすくなる。
つまりそれこそが、「潤うからだ」といえるのです。


【著者情報】
森田敦子(もりた・あつこ)

日本での植物療法の第一人者。
サンルイ・インターナッショナル代表。
2003年に日本バイオベンチャー大賞近畿バイオインダストリー振興会議賞受賞。
AMPP認定・植物療法専門校「ルボア フィトテラピースクール」を主宰するほか、植物療法と医療とのコラボレートや商品開発など、多岐にわたって活躍。
主な著書に『自然ぐすり』(小社刊)など。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 健康・医療
出版社
ワニブックス
掲載誌・レーベル
美人開花シリーズ
ページ数
168ページ
電子版発売日
2017年07月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
25MB

潤うからだ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月10日

    あまりケアについて詳しく知らなかったので、勉強になりました。
    こういう話はせめて母娘や女性同士でちゃんと話ができるようにならないとだめなんじゃないか?と思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    あなたの膣まわりは潤っていますか?
    顔や体の洗浄、美容ケアと同様に、いえ、それ以上に膣まわりの洗浄、ケアをすることは重要です。
    膣まわりをケアすることはセックス、妊娠、出産だけでなく、体の健康や精神バランスを保ち、果てにはケアする、ケアされる介護の問題にまで関わる大切なこと。
    日本ではタブー視されき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月10日

    女性のからだについて、気にしつつも特に向き合ってこなかったことを反省。最近はデリケートゾーンの特集を目にする機会も増え、ケア用品も充実しているのでできることから始めてみようと思いました。
    もっと早くに読めばよかった!と思いつつ、今出会えてよかったと思える本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月19日

    読んでいてとても勉強になった。
    しかし曖昧なことが多かったので、もう少し具体的に書いてあると嬉しいなぁと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月20日

    母親や友人など親しい間柄であっても日常会話として話す機会があまりないことについて書いてあり、今後のケアについて考え直すきっかけになると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月21日

    セックスって大切なのに、隠したがるよね。
    私も大ぴらで記すのは、もちろん恥ずかしいんだけど(笑)、その手の知識や教育をする場がもっとあってもいいと思う。


    フランスに渡った経験がある著者だからこそ、日本とフランスを比較した人生観も、刺さります。

    赤ちゃんが生まれるところのケアの話が中心であって、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月24日

    中身が想像しづらい書影なのがよい。子宮教系統ではなく物理的な話が中心。しかし、特定の製品を推している。参考になる部分だけ美味しく頂く距離感がよさそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月25日

    膣力を鍛えること、自分のからだを知り、向き合うことが大切という考え方。
    なかなか日本人の文化・慣習からはかけ離れた内容で、行動するにはハードルがあるように感じた。
    そのハードルを越えることが大きな一歩だろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月02日

    膣のケアがいかに大切かを真面目に説いた本。恥ずかしい話ではなく今後高齢化社会になる際に皆がこの本に書いてあることが当たり前とならないと介護者にはかなりの負担をかけると思う。自分の身体を今以上に大切にしないといけないと教えられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月05日

    トレーニングも文だけで分かりづらい。
    フランス留学した方なので、フランス人からの目線が多いが、別にフランスの女性に興味ない。

    ただ、日本でこのような教育はないので
    開門した感は、すごいなーと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています