働く人改革 イヤイヤが減って、職場が輝く! ほんとうの「働き方改革」

働く人改革 イヤイヤが減って、職場が輝く! ほんとうの「働き方改革」

作者名 :
通常価格 1,458円 (税込)
紙の本 [参考] 1,620円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

■「働き方改革=残業減らす」は正解か?
いまや、企業の社会的責任とも言える「働き方改革」
その働き方改革で目標にすべきは、社員一人一人が主体的に働ける職場です。

しかし、世間にはびこる働き方改革は
ノー残業、プレミアムフライデー、テレワークなど
仕事を「減らす」ための一辺倒な方法論ばかり。

「仕事量は変わらないのに、時間ばかりが減る」
「もっと働きたいのに」
現場で働く人たちは窮屈な状況を強いられ、
やらされ感漂う職場に成り下がるケースもあります。

■「働く人改革」で、イキイキ輝く職場に変える!
この状況に警鐘を鳴らすのが
本書の著者である、職場改善士の沢渡あまね氏。

「主体性を育む職場作り」をゴールとし、
企業が取り組むべき3つの改革を解説します。

・ネガティブな仕事を減らす
・ポジティブな仕事を増やす
・職場のコミュニケーションを増やす

これらの取り組みは、働く人のモチベーションを上げます。
たとえば、チームのコミュニケーションを活発化させることで、
人や会社を知り、リスペクト精神が生まれます。
結果、社員がイキイキと働いて生産性が上がり、会社も儲かるのです。

コミュニケーションを促すには
社内勉強会や食堂、広報誌などの仕掛けが必要です。
本書では具体的にイメージが湧きやすいよう
ヤフー、ナムコ、ヤマハ発動機などの企業10社、14の事例を掲載。
「改革の手引き書」として、どんな現場でも活用できます。

ジャンル
出版社
インプレス
掲載誌・レーベル
できるビジネスシリーズ
ページ数
240ページ
電子版発売日
2017年06月29日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年08月26日

「みんなが面倒くさいと思っていること、変えましょうよ。みんなが嫌がっていること、おかしいと思っていること、とっととやめましょう。」
今までの日本の働き方文化では言い出しにくかったことも、少しずつ、声を上げていける機運は高まっている気がしますね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月18日

日本企業で「自分の会社にも出来そうなこと」を記載しているところがいいと思った。
ポジティブな仕事(楽しい・自然とやりたくなる)とネガティブな仕事(あまりやりたくない仕事・面倒な仕事)を棚卸ししてみる。
ポジティブな仕事は増やすようにして、ネガティブな仕事は減らすか楽しく出来るような工夫を取り入れられ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play