静寂 ある殺人者の記録

静寂 ある殺人者の記録

作者名 :
通常価格 2,240円 (2,037円+税)
紙の本 [参考] 2,420円 (税込)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

蝶の羽ばたき、彼方の梢のそよぎ、草むらを這うトカゲの気配。カールは、そのすべてが聞こえるほど鋭敏な聴覚を持って生まれた。あらゆる音は耳に突き刺さる騒音になり、赤ん坊のカールを苦しめる。息子の特異さに気づいた両親は、彼を地下室で育てることにした。やがて9歳になった彼に、決定的な変化が訪れる。母親の入水をきっかけに、彼は死という「静寂」こそが安らぎであると確信する。そして、自分の手で、誰かに死を贈ることもできるのだと。――この世界にとってあまりにも異質な存在になってしまった、純粋で奇妙な殺人者の生涯を描く研ぎ澄まされた傑作!

ジャンル
出版社
東京創元社
ページ数
320ページ
電子版発売日
2017年06月13日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

静寂 ある殺人者の記録 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月22日

    トーマスラープ 「静寂」

    副題「ある殺人者の記録」とあるが、殺人者の告白や事件解決の物語ではない。殺人者を否定は していないことに 違和感はあるが、宗教的倫理感と切り離して 死を取り上げている。

    殺人犯 カールが「死とは何なのか」を 確信していく心理過程を経て、生への希望を描いている。タイトル「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月15日

    連続殺人者の物語。
    惹句から、いわゆる犯罪譚めいたものを予想していたら、これがまったく違っていた。
    濃密な人間ドラマだった。
    カールの行いは決して赦されるものではない(大量かつ残酷)。それなのに彼の行いにはどこまでも静けさと厳かさが付きまとう。

    前半の彷徨えるカールの行為も、後半の聖職者となった彼...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月16日

    やっぱ学校に行くのは重要だな。好きでなくても仲間って必要だ。耳がとても良い少年が地下で1人で成長。近所の車椅子の老人が教えに来るが、温室のような環境で育ってしまった。人間関係で行き詰まりを見せると、すぐに生命を終わらす。しかも善意と思って。悩まない。考えない。本来子供が学校で教えらたり、衝突したり、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月28日

    一気に読んでしまったけれど余韻は今だ続き、
    ドイツの片田舎、主人公カールが佇む丘・沼・森が目の前に広がる。
    カールにとって静寂は魂の救済であり解放であり、
    殺すという行いに何も躊躇はなく、
    宗教の中にも慈愛と暴力の2面があることに疑問を持ちつつも、
    安寧は静寂の中にあると。
    自らの魂の救済は生まれく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月22日

    どんなに小さな音でも聞こえてしまう聴覚を持って生まれたカール。その聴覚ゆえに少しも泣き止むことなく、母親を苦しめ続けた。その原因が分かった両親は、地下のサウナ室を改造しカールの部屋とし、音の聞こえない世界を作り上げた。そこで大きくなっていくカール。しかし、年齢とともに様々な不都合が生じ、カールには休...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年11月09日

    異能を持って生まれた人間の生涯を描く傑作が、また一つ誕生した。例えば料理の才で人を操るハリー・クレッシングの『料理人』。あるいは世にも稀なる嗅覚を活かした調香の術を使って、ある野望を果たすパトリック・ジュースキントの『香水 ある人殺しの物語』。いずれも寓話的な作品世界の中で、主人公の超人的な才能を描...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています