教養としての社会保障

教養としての社会保障

作者名 :
通常価格 1,728円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

年金局長、雇用均等・児童家庭局長等を歴任し、その間、介護保険法、子ども・子育て支援法、国民年金法、男女雇用機会均等法、GPIF改革等数々の制度創設・改正を担当。さらには内閣官房内閣審議官として「社会保障・税一体改革」を取りまとめるなど、社会保障改革と闘い続けた著者による書き下ろし。


日本の社会保障制度は、大きな曲がり角に差し掛かっています。安心社会の基盤となり、社会経済の変化に柔軟に対応し、社会の発展・経済の成長に貢献できる社会保障制度の構築は、これからの日本にとって必須の改革だと私は考えています。(中略)年金制度や医療制度を始めとする社会保障の諸制度は、市民一人ひとりの自立と自己実現を支えるための制度です。現代社会にあって、個人の自己実現を通じた経済の発展と社会の活力、そして市民生活の安定を同時に保障するサブシステムとして、人類が考え出した最も知的かつ合理的な仕組みであり、社会にとっても個人にとってもなくてはならない制度です。本書が、私たちにとってなくてはならない社会保障と、その社会保障制度が置かれている現状について理解するための一助になれば幸せです。(「はじめに」より)

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
338ページ
電子版発売日
2017年05月19日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年02月09日

元 省の官僚である著者が書いた本で、社会保障の全体像を掴むには非常にわかりやすいものだった。
多くの人は自分と関わりのあるミクロの社会保障だけをみて喜んだり文句を言ったりするが、マクロ的にとらえることで本当に日本にとってどうすることが良いのか見えてくる。
今の日本の社会保証制度がどういう成り立ちで作...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月18日

文句なしの5つ星。

社会保障が抱える課題、そしてその背景、本質を豊富なデータ、事実に照らして、極めて分かりやすく、建設的に書いてある。

読みながら、これが日本の官僚か、と感動すら覚えた。

年末に読んだ小泉小委員会の本と合わせ、日本社会の抱える社会保障問題の根深さを痛感した一方で、小泉小委員会の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年12月01日

国民1人ひとりが、まさに「教養」の1つとして社会保障についてしっかり知識を持つ必要があるなと思いました。

法改正などで話題に上る際、騒ぎ立てるワイドショーなどで表面だけを見聞きして理解したつもり……では、問題の本筋が見えないままです。

多くの方に、お勧めしたい1冊です。

社会保障は、負担や給付...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月27日

元厚生労働省官僚の香取照幸氏の著書、社会保障の歴史や諸外国との比較を通じて、今後の日本の在り方を提言する作品。

まず日本の医療制度は世界でトップレベルだそうだ、よく病院での待ち時間の長さが問題視されるが、福祉国家と言われているスウェーデンでも、複雑な受付手順を経て専門医の診察を受けるのに90日以上...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月30日

久しぶりに読みごたえのある本に出会えた。
世代間格差を強く感じることが多かったが、この本を読むとその考え方そのものが不毛と感じる。社会保障は単体で考えるものではなく、経済と一体と考える必要があるということも含め、いろいろな気付きがあった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play