ヤマケイ新書 クマ問題を考える 野生動物生息域拡大期のリテラシー

ヤマケイ新書 クマ問題を考える 野生動物生息域拡大期のリテラシー

作者名 :
通常価格 774円 (704円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

21世紀日本の重要課題!深刻化する野生動物と人間の遭遇。保護か、捕獲か、駆除か。解決の糸口はあるのか?第一人者による、まったなしの緊急出版!
保護の対象とされている野生動物たち。そのなかでもツキノワグマの存在が、現代の人間にとって深刻な脅威になると、かつて予測できただろうか。今後さらに顕在化する困難な課題として、早くから注視してきた研究者による考察。

はじめに
第1章 平成のシシ荒れ
動き出した動物たち/受け身なクマ/自然変容説から環境適応説へ

第2章 生息域拡大期の現実
1 人喰いグマはいるのか ヒグマとツキノワグマ/肉食するクマ
2 被害の二重構造
2-1 春期 個体間の距離/クマの子殺し行動/行動の同調性/春期の人里出没/繁殖期の出来事/目撃情報の表と裏
2-2 秋期 採食行動の拡散/秋期の人里出没/沈静化する夏
3 むき出しの都市 河川を移動するクマ/痺れる現場/都市という名のフロンティア/人里に依存するクマ

第3章 近世の相克 「シシ荒れ」森の消長と野生動物
1 生きるための闘い
2 旧弘前藩領での出来事
3 動く森の片隅で シシ垣のある風景/近世における鳥獣害対策/村に雇われた猟師/近世から近代へ/山の消長とイノシシの動き/猪鹿害の再発/里山の奥山化

第4章 狩猟の公共性
1 接近する被害現場 ─バリア・リーフ構造の崩壊─
2 狩猟と農耕 狩猟と駆除、そして個体数調整/狩猟と農耕
3 狩猟の公共性

第5章 クマと向き合う
捕獲と威嚇のメッセージ性/規則性と不規則性/ゾーンディフェンスとオフェンシブなアクション/遭遇しないために
あとがき

ジャンル
出版社
山と溪谷社
掲載誌・レーベル
ヤマケイ新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2017年05月12日
紙の本の発売
2017年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

ヤマケイ新書 クマ問題を考える 野生動物生息域拡大期のリテラシー のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年05月27日

    田口洋美『クマ問題を考える 野生動物生息域拡大期のリテラシー』ヤマケイ新書。

    クマ問題を通じて、自然環境や人間の生活の多様化、変化などに伴う様々な課題について考えさせられる書籍である。

    近年、野生動物による被害が増加しているが、その中でも特にツキノワグマによる被害が増加している。かつてはっきりと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月06日

     近年の野生動物の人里への発生を考察する。

     熊に限らず広く野生動物の発生、〇〇荒れについて書かれている。
     野生動物の人里への侵攻は100年程度の長い時間の流れを考えればちっとも不思議なものではない。元々は山の浅い部分が住処だった動物達を人が山の奥へと追いやった。過疎化などによってその人の手が薄...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています