スーパーカブ 4【電子特別版】

スーパーカブ 4【電子特別版】

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

卒業も近づく高校3年生の冬。年末年始のイベントに浮き立つ世間をよそに、小熊はひとり、冬休みを迎えようとしていた。「やっぱり、私にはカブしか無いのかもしれない」そんな折、小熊をヘッドハンティングしたいというバイク便会社の社長・浮谷が現れ、新たなバイトを始めることに。敏腕経営者とは思えない、どこか子どもっぽい浮谷。個性の違う同僚ライダーたち。大晦日の夜に出くわした、幽霊のような少女・史。馴染みのバイク解体屋で起こる、予想外のメロドラマ──両親も友達も趣味も、何も無かった。そんな小熊にカブがもたらした、人とのつながり。【書き下ろしショートストーリー「ライディングウェア」を収録した、電子特別版】

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川スニーカー文庫
電子版発売日
2019年01月01日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

スーパーカブ 4【電子特別版】 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月13日

    新たな出会いがあり。
    ワークマンのイージスも登場したりと。
    まさに今という感じになってきました。
    僕的にはソロキャンやソロツー的なことも増やしてほしいですが。
    そうなるとベタになりますね~。
    5巻も執筆開始とか。
    楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月19日

    怪しい仲間がどんどん増えてく。ついには幽霊少女の史ですか。彼女が無骨なモトラに乗るのはミスマッチだけど、ヴェスパ欲しさにカネ貯めるってのも似合わんな。ともあれ、孤高の生活ライダー小熊が急速にたくましくなっていく。VTRで街乗りのプロと化し、カブの修理はお手のもの。同種横置きエンジンのモトラなんて熟練...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月06日

    新登場の「浮谷 東」、浮谷東次郎のオマージュですよね。
    でも、最後がなんか釈然としないです。大学に進学した後のことは書かないのでしょうか?これで終わりではないですよね。

    このレビューは参考になりましたか?

スーパーカブ のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • スーパーカブ【電子特別版】
    山梨の高校に通う女の子、小熊。両親も友達も趣味もない、何もない日々を送る彼女は、中古のスーパーカブを手に入れる。初めてのバイク通学。ガス欠。寄り道。それだけのことでちょっと冒険をした気分。仄かな変化に満足する小熊だが、同級生の礼子に話しかけられて――「わたしもバイクで通学してるんだ。見る?」一台のスーパーカブが彼女の世界を小さく輝かせる。ひとりぼっちの女の子と世界で最も優れた...
  • スーパーカブ 2【電子特別版】
    両親も友達も趣味もない、何もない日々を過ごしていた小熊が、スーパーカブを買って数ヶ月。季節は変わり、南アルプスの麓に吹く風は日に日に冷たくなっていく。かじかむ指。かかりにくくなるエンジン。肺が凍りつく向かい風。雪の積もった道路――同じくバイク乗りの礼子と共に、試練の季節へ挑む小熊。カブとの出会いで少しずつ変わる彼女のことが、同級生の恵庭椎は気になっていて……。少女たちとバイクの...
  • スーパーカブ 3【電子特別版】
    両親も友だちも趣味もない、何もない少女だった小熊が、スーパーカブと出会って、もうすぐ1年。礼子・椎と今までよりも少し賑やかな毎日を過ごす彼女は、高校3年生になる。友だちと一緒の昼ご飯。当てもなく寄り道する放課後。バイクでしか出来ないアルバイト――カブは小熊の生活を変えた。「私はどこにでも行ける」東京の大学へ進学が決まり、新天地に思いを馳せる小熊だったが、大学生活は【バイク禁止...
  • スーパーカブ 4【電子特別版】
    卒業も近づく高校3年生の冬。年末年始のイベントに浮き立つ世間をよそに、小熊はひとり、冬休みを迎えようとしていた。「やっぱり、私にはカブしか無いのかもしれない」そんな折、小熊をヘッドハンティングしたいというバイク便会社の社長・浮谷が現れ、新たなバイトを始めることに。敏腕経営者とは思えない、どこか子どもっぽい浮谷。個性の違う同僚ライダーたち。大晦日の夜に出くわした、幽霊のような...
  • スーパーカブ 5【電子特別版】
    高校卒業も間近に迫った1月。大学生活の住居も無事確保した小熊は、カブでの走行中、突然もらい事故で入院することに。入院期間は5週間。病院の同室になった3人の女性たちは、いずれも個性的で…… ※電子版特典として、電子限定書き下ろし短編『前カゴ』を特別収録!
  • スーパーカブ 6【電子特別版】
    高校生最後の日、卒業式。小熊、礼子、椎の3人は窮屈な式典の終わりを合図に、ポケットからカブのキーを取り出した。  高校生から大人になるまでの、短い猶予。それを目いっぱい使って、自分たちがこれから暮らす街・東京を知るために3人はバイクを走らせる。有料の駐輪場、密度の高い建物群、夜になっても明るい道。東京の街は刺激的でなにもかもに圧倒されそう。 「道は走りながら決めればいい。だっ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています