成功する人は偶然を味方にする--運と成功の経済学

成功する人は偶然を味方にする--運と成功の経済学

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「努力と才能は報われる」という考えは、幻想である。

「FT & マッキンゼー ビジネス・ブック・オブ・ザ・イヤー」候補の話題作!

世の中には、がんばっても成功しない人もいれば、がんばらなくても成功する人もいます。
経営者や成功者に関するストーリーの多くは、成功の背景にはこんな努力があった、こんな才能があった、と個人の能力を強調しますが、実はそれはまちがっていると著者は言います。
才能と努力なしに成功するのは難しいですが、才能があり努力をしても、経済的に成功する人は一握りで、その明暗を分けているのはささいな「運」や「偶然」でしかないのです。

本書は、経営者からアスリート、さらには著者自身の驚くべき実体験まで、さまざまな事例や実験結果を引きながら、就活から映画・音楽のヒットにいたるまで、「偶然」や「運」がいかに大きな役割を担っているかを考察します。

著者はニューヨークタイムズの名コラムニストで、名門コーネル大学の人気教授。軽快で読みやすい書き口とともに、しっかりとした経済学の裏付けから、どうすれば偶然や運を味方につけ、より「幸運」な社会をつくることができるのか、政策にまで踏み込みつつそのヒントを提示します。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
248ページ
電子版発売日
2017年04月14日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

成功する人は偶然を味方にする--運と成功の経済学 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年06月12日

    タイトルをみると、運を引き寄せて成功を収める方法を教えてくれるかと思ったが、そうではなく、運が成功に占める要素の大きさを著名人の例を引き合いにだし説明している。最初はなぜこのような説明をするかと思ったが、後半の累進消費税のくだりで納得。たしかに凸凹な道路でフェラーリを乗るなら、整備された道路でポルシ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月15日

    成功は偶然に大きく左右されるのに、最近は成功と不成功の差がでかくなってるから、累進的消費税で是正してはどうか、みたいな感じか。累進的消費税はたしかにおもしろいなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月11日

    確率の面から論じる内容に心理(学)を絡めてくると一気にとりとめのない内容になるんだな、というのを思いっきり示している内容。

    確率について学びたいと思って読む人にとっては少し肩透かしを食らう内容だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月02日

    成功した人は、自分の力で成功したと思っている人が多いけれど、実は全く逆で、成功はたまたまであり環境や運の良さがあったと考えるべきという。会社が儲かるのも、資本主義という社会があって、景気が良かったりトレンドに乗ったり様々な要因が偶然上手く行ったからで、自分独りの力ではどうにもならない。それを認識して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月27日

    幸せについて考えてみた。

    ・凄い人達の争いでは、運が最終の決め手になる
    ・幸運に感謝する方が、周りからの信頼が得られ、信頼が得られれば成功確率が上がる
    ・累進消費税を導入すれば、社会の幸福度が上がる

    能力と努力で上位に上り詰められる。けれども、上位に上り詰めた後、勝負するには運が必要なのである。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月14日

    成功には、才能や努力だけではなく、運の要素も大きい。特に、些細な差が、大きな差になる現代では。成功者は、自分の幸運をもたらした環境に気づき、感謝し、維持するための負担をしよう。

    タイトルだと、自分の力で偶然を味方にしたようなイメージを受けます。でも、ふろくシミュレーションでは、才能や努力と、運は、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月18日

    題名と内容が違う。ハウツー本みたいな部分もあるにはあるが、累進所得税をかかげる経済学者である著者が、成功、特にお金を稼いでいるということに関して、運が大きく働いており人々の後講釈的な実力に結びつける認識とは大きく異なるという、社会科学的には広く認識されていることを改めて有名な本の引用し、だから累進的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月15日

    成功する人は、実力を挙げる事は当然だが、その上で些細な偶然が人生を変えるきわめて重要な要素だと言う事を書いている。

    以前TVでビートたけしさんと、明石家さんまさんが対談していて「もう一度同じスタートをしても、今の人生にはなっていない」と言っていたのは、彼らが今の地位にいるのは、実力もさることながら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月20日

    ・3人の参加者に対して、4枚のクッキー。4枚目を誰が食べたか?リーダーが食べた。「リーダーに特に優れた点があったわけではありません。30分前にたまたま選ばれ、偶然その地位を得たのです。それなのに、リーダーになったことで、クッキーは自分のものだと思ったのです。」

    ・「マタイ効果」持っている人はさらに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月03日

    【どこまでマクロに広げ、どれだけミクロに拾えるか】
    ざっと読みですが、社会的な出来事を、どれだけ広く視野に捉えて行動できるかという話なのではないかな…と感じました。現在自分がはまっている枠を感じなければ、ドラスティックな変化は望めない。事例と文献がてんこ盛りの一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています