「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

エッセイ・紀行6位

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

作者名 :
通常価格 1,296円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

Yahoo!ニュース、アゴラ、グノシー、スマートニュース、
ダ・ヴィンチニュース、ほんのひきだし
FM FUJI「GOOD DAY」にて紹介され話題沸騰!

仕事に追われるすべての人へ。
その仕事、自分の命より大切ですか?


●これ、まんま私のことだ。

●この漫画は命の恩人です。ありがとう。

●涙が自然と流れてきて止まりません。

と、Twitterで30万リツイート!
この漫画で助けられた人続出!

NHK、毎日新聞、産経新聞、ハフィントンポストでも紹介された話題騒然の過労死マンガを書籍化しました。
精神科医・ゆうきゆう(『マンガで分かる心療内科』シリーズ)が監修・執筆を担当し、
過労死・過労自殺する人が「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由をわかりやすく解説しながら、
仕事や会社に追いつめられている人がどのようにすればその状態から抜け出し、
自分の人生を大切にするための方法と考え方を描きおろしました。

また、過労やうつ状態から抜け出して幸せになった人を取材して描きおろした「実録! ブラックな状況を抜け出しました」も収録。
もうあのような過労自殺の事件を繰り返したくない。
現代日本で働くすべての人に必読の1冊です。


■監修・執筆協力 ゆうきゆう
精神科医・作家・マンガ原作者。東京大学医学部医学科卒業。
医師としての診療をしながら、読者数16万人のメールマガジン「セクシー心理学」を発行。
Twitterのフォロワーは約40万人。また『相手の心を絶対に離さない心理術』(海竜社)などの書籍の他、
『マンガで分かる心療内科』、『マンガで分かる肉体改造』、『モテるマンガ』、『おとなの1ページ心理学』(以上、少年画報社)などの
マンガ原作も手がけ、総発行部数は400万部を超える。 ゆうメンタルクリニック・ゆうスキンクリニックグループ総院長。

■著者 汐街コナ
広告制作会社のグラフィックデザイナーを経て漫画・イラストの活動を開始。
装丁画・挿絵・ゲームキャラクターイラスト等をてがけている。
デザイナー時代に過労自殺しかけた経験を描いた漫画が話題になり書籍化。

ジャンル
出版社
あさ出版
ページ数
160ページ
電子版発売日
2017年04月10日
紙の本の発売
2017年04月
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年05月20日

ツイッターなどで話題になってるということで読んでみました。幸いにも今までの人生でそんなに追い詰められた経験がない。ので、読んでそんなものかなっと思ってしまうのですが。いつ自分がそうなるかも分からないわけで。予備知識として対処法を学んでおくのは大切なことだと思います。

・過労死という言葉に英語はない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月16日

分かりやすい本だった。
特に自ら選択肢を削除するあたりは思い当たることある。歯を食いしばって頑張れ、と言われ続けたような気がするが!20170516

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月15日

 ツイッターで話題になった!という御触書があったので、気になって購入してみました。
 絵が……その、凄く……書き殴り、みたいな。もともとツイッターだかピクシブだかであげられていたものをコミックスにしたもののようで、ツイッターやピクシブやそう言ったものの作品がコミックス化というのはとても喜ばしいことな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月07日

日本人は、とても真面目で働き者。
そういう国民性が裏目に出た「鬱病」という病気。
そして最悪のケースに至る「過労死」。。

どうしてそういうことになるのか、どうしたらいいのか。ということを、とても分かりやすく説明してあって、そういう状況に追い込まれてる人には、多分、、本屋さんに立ち寄ることすら、、こ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年05月03日

死ぬ程追い詰められている人のきもちと、そのきもちを軽くしてあげるためのアドバイスが、とても柔らかく描かれている。自分の周りに追い詰められている人がいたら薦めたいし、自分もこの本を読み返したうえでその人に接したい。

以下、自分用メモ
・絵の使い方が非常にうまい。特にP13,14の見開きの世界は、本当...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play