「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)【お試し読み】
  • 無料

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)【お試し読み】

作者名 :
通常価格 0円 (税込)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

驚異の30万リツイート!総閲覧数3,000万人!
「これ私のことだ」「リアルすぎて泣ける」
このマンガで助けられた人続出!
仕事に追われるすべての人へ。

まずは、お気軽に無料試し読みへ。

『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)』
著者:汐街コナ 監修・執筆協力:ゆうきゆう(精神科医)
★4月10日発売★



Yahoo!ニュース、アゴラ、グノシー、スマートニュース、
FM FUJI「GOOD DAY」にて紹介され話題沸騰!

仕事に追われるすべての人へ。
その仕事、自分の命より大切ですか?

「これ、まんま私のことだ。」
「この漫画は命の恩人です。ありがとう。」
「涙が自然と流れてきて止まりません。」

とTwitterで30万リツイート!この漫画で助けられた人続出!


NHK、毎日新聞、産経新聞、ハフィントンポストでも紹介された
話題騒然の過労死マンガを書籍化しました。
精神科医・ゆうきゆう(『マンガで分かる心療内科』シリーズ)が監修・執筆を担当し、
過労死・過労自殺する人が「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由をわかりやすく解説しながら、
仕事や会社に追いつめられている人がどのようにすればその状態から抜け出し、
自分の人生を大切にするための方法と考え方を描きおろしました。

また、過労やうつ状態から抜け出して幸せになった人を取材して描きおろした
「実録! ブラックな状況を抜け出しました」も収録。
もうあのような過労自殺の事件を繰り返したくない。
現代日本で働くすべての人に必読の1冊です。


■著者:汐街コナ(しおまち こな)
広告制作会社のグラフィックデザイナーを経て漫画・イラストの活動を開始。
装丁画・挿絵・ゲームキャラクターイラスト等を手がけている。

■監修・執筆協力:ゆうきゆう
精神科医・作家・マンガ原作者。東京大学医学部医学科卒業。
医師としての診療をしながら、読者数16万人のメールマガジン「セクシー心理学」を発行。
Twitterでは約40万人のフォロワーがいる。また『相手の心を絶対に離さない心理術』(海竜社)などの書籍の他、『マンガで分かる心療内科』、『マンガで分かる肉体改造』、『モテるマンガ』、『おとなの1ページ心理学』(以上、少年画報社)などのマンガ原作も手がけ、総発行部数は400万部を超える。
ゆうメンタルクリニック・ゆうスキンクリニックグループ総院長。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
あさ出版
電子版発売日
2017年04月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)【お試し読み】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    ものすごく共感!

    ユリネ 2018年01月09日

    これを読んだ時、ちょうど今の職場が辛いな、土日も仕事で残業も続いていて、他の準社員仲間と人間関係破綻しているし、でも私まで辞めたら正社員にしわ寄せがとか、店長が辞めないでっで引き止めているし、もうちょっと頑張ろうか、とずるずると小売店に勤めていた頃でした。ある日あんまり準社員仲間の一人があからさまな...続きを読む

    4
    購入済み

    死ぬ気がなくても

    ウルアンテ 2018年07月18日

    死へと追い込まれてしまう状況の例が分かりやすく描かれています。
    頑張れる限界を越えてしまう危険性は誰にでもあると思います。
    視野が狭まり、追いつめられた気持ちになっている人に読んでほしい本です。

    2
    購入済み

    働いてる人は皆読んで欲しい

    めいり 2017年07月23日

    私は今休職しています。
    そして思ったのは、こんな会社でストレス異常に貯めて働いて体壊して、
    一体なにやってんだろ。
    と思いました。
    体壊すまでやる会社じゃない、そう思ったのです。
    何の為に働くのか、病んだら元も子もありません。
    過労の判断力が鈍るのは病むのと隣りあわせ、です。
    自分をもっと大切にしな...続きを読む

    2
    購入済み

    是非読んでほしい

    らむ 2020年08月18日

    こんな世の中だから。
    是非たくさんの人に読んでほしいですね。
    ついうっかり自分で命を絶つ人が少しでも減りますように

    1
    購入済み

    私と同じ

    n-taka24 2020年02月24日

    短いマンガでしたが、非常に私と同じような境遇で共感出来ました。
    非常に悲しくなりました。
    でも何とか生きていかなきゃならないと頑張ろうと思いました。

    1
    購入済み

    なるほど…

    yoshi 2022年12月10日

    先月、ふと飛び降りかけてしまったから身につまされるな。
    自分の心を大切にしなきゃいけない。

    世の中のガンバルマン達にも読んで欲しい1冊でした。

    #癒やされる #タメになる

    0

    納得

    2022年05月27日

    今まさに自分が漫画の状態で、何とか理由をつけて働こうと思っていました。
    自分の命や人生をこれからどうしたいかもう一度考えてみようと思います。

    0

    おすすめ

    ざび 2021年12月16日

    仕事とか学校でつかれたときに読みたい。
    小説じゃないからよみやすい

    0

    まさにそのとおり

    みに 2021年08月31日

    当時の自分がまさにそのとおり。あの時は分からなかったけど、今ならわかります。

    0
    購入済み

    逃げるのは負けではない

    やま 2022年09月29日

    かつて「24時間働けますか」なんていうCMもあったように、日本人は働きすぎ。
    周りにも「昨日終わったら夜中だったよ」やら「もうずっと休んでなーい」などと忙しいアピールしてくる人がいるが、このタイプの上司の下につくと最悪。
    真面目な人ほどこの書籍の人のようになりがち。
    速やかに逃げましょう。
    ...続きを読む

    #切ない

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング