宇宙軍士官学校―幕間(インターミッション)―

宇宙軍士官学校―幕間(インターミッション)―

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

太陽系防衛戦の直前の休暇での恵一とロボのエピソードや、荒廃した地球で苦闘する生物回収チームの活躍など、外伝5中短篇を収録する傑作集。

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
304ページ
電子版発売日
2017年03月31日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB
    購入済み

    moritoda 2017年04月20日

    外伝的な短編が5つ。
    本編キャラの恵一とウィルの決戦前の話がそれぞれ一つ。そして過去の地球軍、決戦後の地球シェルター、ケイローンの今後の方針に向けての会合の話です。

    個人的にはシェルターの話が好きです。地球を守り抜いたからこそ残った希望を見られ、本編での頑張りが報われました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月29日

    なるべくならば、本巻と最終巻12巻は、続けて読んだ方が良いと思う。
    粛清者のあの手この手の攻撃は、太陽系が彼ら二夜兵器実験場として扱われているという洞察にたどり着く。
    これが地球の危機を描く映画なら、どんなに危機が増大しても、最後は無事に切り抜ける事になるのあが……。
    ところがどっこい、そうはいかな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月29日

    エピソード集。
    主人公が恵一だったりウィルだったり過去の英雄だったりとバラバラだが、本編も特別一人の視線で描かれているわけでは無いので目新しさは少ない。
    文字通り幕間でした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「宇宙軍士官学校―幕間(インターミッション)―」に関連する特集・キャンペーン