ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!【電子特典付き】

ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!【電子特典付き】

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ゲーム会社勤務だった橋場恭也は夢破れて実家に帰ることになったのだが、目が覚めるとそこは10年前だった……。なぜか諦めたはずの芸術系大学に通っていて、しかも憧れだった後のクリエイターたちが同級生に!?

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
MF文庫J
電子版発売日
2017年04月25日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

書店員のおすすめ

制作進行という仕事について、皆さんは知っていますか?
キャラクターデザインやシナリオといったいわゆる花形とは違う、人と人との関わり合いを含む多くの能力が求められる仕事、だけどいなければ仕事が進まない、絶対に必要なクリエイティブの職業。それが制作進行です。
「ぼくたちのリメイク」という作品は、その制作進行を担うことになる主人公がいます。
主人公、橋場恭也はゲーム会社勤務でしたが、その会社が大変なことになり、実家に帰ります。しかし、あるとき目が覚めると時代は10年前。大学に入る前に戻っていました。
大学では、なんと元いた時代に素晴らしい活躍を残していたクリエイターたちが同級生として眼の前に現れます…!
素晴らしいクリエイターになるはずの同級生を試行錯誤しながら導いていく主人公。調整に調整を重ね苦しみながらも進めていく姿には、読んでいる皆さんにも伝わるものがきっとあります。ぜひ読んで共感してください。

ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!【電子特典付き】 のユーザーレビュー

    購入済み

    (匿名) 2019年11月14日

    とても面白い作品です。
    青春的な苦悩と、この作品特有のクリエイター的苦悩がバランス良く描かれていて楽しむことができました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    10年前に自分は何をしていたか

    たづ 2019年11月25日

    目覚めると10年前。後悔していた大学進学の時。と、よくある展開だが、未来の知識を利用しようとせず、直向きに頑張ろうとする主人公の姿勢は考えさせられます。まさに青春。
    あの頃ああしていればというノスタルジックな作品が好きな方にはお勧めです。

    このレビューは参考になりましたか?

ぼくたちのリメイク のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!【電子特典付き】
    ゲーム会社勤務だった橋場恭也は夢破れて実家に帰ることになったのだが、目が覚めるとそこは10年前だった……。なぜか諦めたはずの芸術系大学に通っていて、しかも憧れだった後のクリエイターたちが同級生に!?
  • ぼくたちのリメイク 2 十年前に戻って本気になれるものを見つけよう!
    僕、橋場恭也はある日、意識だけが十年前に戻って憧れの芸大生に! 後の超有名クリエイター達と同回生になり今日も彼らと一緒に課題の制作や学園祭の準備に奔走中。河瀬川英子らも合流したチームきたやま・改の作品は上映会で高い評価だったが観客の反応は悪く、周囲には役者だったナナコが足を引っ張ったと言われてしまう。追い打ちをかけるように加納先生や英子に役者への志を問われ心を閉ざしてしまう...
  • ぼくたちのリメイク 3 共通ルート終了のお知らせ
    同居人同回生の貫之を退学にさせないため同人ノベルゲーム制作をすることになったチームきたやま。そして奇しくも十年後の自分と向き合うことになった僕、橋場恭也。ケーコさんの協力を得ながら、制作の立場として未来の有名クリエイターたちの指揮を取ることに。僕は未来で何度も見てきた。才能あふれる人たちが、何かしらの理由で去っていくのを。今回ばかりは絶対に失敗しない。突然の訪問者、貫之の婚...
  • ぼくたちのリメイク 4 「いってらっしゃい」【電子特典付き】
    貫之は筆を折り、大学を去った。 僕、橋場恭也の誰かのための行動は誰かの進むべき道を捻じ曲げた。 そして僕は、今度は十一年の時を飛ぶ。 シノアキは絵を描くことを辞めていた。 ナナコの夢が叶うことはなかった。 再び元の年齢へと強制的に戻された僕には、存在しなかったはずの幸せな人生だけが残された。 これが、僕が作り直した人生だった。 再びゲームディレクターとして働く日々が始まった。 同僚...
  • ぼくたちのリメイク 5 ぼくたちに足りないもの【電子特典付き】
    何も掴めなかったあの頃があった。何かを掴めそうだった十年前があった。そして何かを失った十一年後があった。全てがあったから、ここに僕がいる。自分だけが幸せを得た未来を経験して芸大生へと戻った僕、橋場恭也。課せられた使命は本来の三人の未来を取り戻すこと。「いってらっしゃい」十一年後にもらった言葉が僕の背中を押す。ここから僕たちの人生を作り直すんだ。シノアキの創作意欲を高めるため...
  • ぼくたちのリメイク 6 アップロード日:9月1日【電子特典付き】
    大学を去った貫之を取り戻すために僕、橋場恭也はナナコと共に貫之の実家がある川越へと向かうことに。足跡を辿ってどうにか貫之と再会することはできたがそう簡単に行くはずもなく……。一方、大阪では学園祭の出し物を相談している美術研究会の一同。新たに仲間に加わった斎川の提案によりコスプレ喫茶をすることになったがなぜか成り行きで河瀬川も巻き込まれて!? 川越と大阪、二つの舞台で繰り広げら...
  • ぼくたちのリメイク 7 ものをつくるということ【電子特典付き】
    他チームとなり驚異的な成長を遂げていくシノアキ。対するチームきたやま△も最後のピースを取り戻して盤石の体制に。シノアキ擁する九路田組を打破する動画作品を作る――時には衝突しながらも一丸となり制作を進めていく。そんななか、僕、橋場恭也はシノアキに誘われ水族館デートに行くことに。一方、時同じくして九路田は加納先生に呼び出しを受け……。そして、勝負の舞台となる学園祭が始まる。圧倒的なク...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ぼくたちのリメイク に関連する特集・キャンペーン