姫婚オールアバウト

姫婚オールアバウト

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ファルサン王家の姫でありながら、町中で普通の庶民として暮らすレッカ。まだ16歳なのに、バツイチである。ある日、レッカのもとを、王宮からの伝令が訪れる。西の山の魔王が、王の娘を嫁に望んでいるというのだ! それを聞いたレッカは、伝令のメレンと、男なのにエプロンドレスを着たメイドのネリネと、王宮ではなく西の山に向かうと言い出して!? バツイチ姫の再婚(?)ファンタジー!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / その他女性向けラノベ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
208ページ
電子版発売日
2017年03月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

姫婚オールアバウト のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年03月20日

    ファーイートの仕打ちに腹煮えくり返ってレッカの強さにうち震えた。
    人間は醜い、だけど強い。
    レッカの啖呵を切る様はかっこよかった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月24日

    【再読】マルタの新装版を読んだ流れで野梨原先生。
    とにかく立ち向かおう! っていう主人公レッカが見ていて気持ちよい。
    それに引き替えリナル……。

    オチでそんなんありか! と突っ込むのが楽しい。

    ところでこの人物紹介のネリネはさ……どこの手違いなのだろう……。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月25日

    雪リコさんが挿し絵だと!? と手に取ったら野梨原さんの作品で、迷わず購入しました。
    一口に、いろいろ軽いなあ、と(笑)
    野梨原さんの文章ってそうですけど、小説らしからぬコメディ色です。ファンタジーといえばファンタジーですが……ドラゴンのくだり、すごく好きだ。
    結末も結末で、通して楽しい作品でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月14日

    野々原先生のファンなら買いの一冊?かも。軽いのに密度濃いめ、変化球と見せかけて真っ直ぐ。とりあえず姫様が健気で可愛いのにカッコ良くてヒーロー。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年03月27日

    11.02.01購入

    野梨原先生のお姫様ってガッツがあってかわいくて好き。
    でもときどき痛々しくなる。
    なんでそんなにがんばれるの、もういいよって言いたくなる。

    メイドのネリネを「イメチェン!」で通したのには爆笑。
    (11.02,04)

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年11月15日

    すっごいさばさばした感じの文章
    まっすぐで読み終わったあとスッキリした
    なのにちょいちょい現実味があるようなことをかいてある

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年01月15日

    「うるさいなーそれとらないと服まで破くわよ意味なく」
    「なんで脱ぐんだよ!」
    「ああ、じゃ、こうしましょ。上の布取るか、服全部脱ぐかどっちかでいいわよ」
    「だからなんで服脱がなきゃならないんだよ!」
    「あらぁ、いや・がら・せー。以外の何者でもないわよ。いいからとっととどっちかとりなさいよ」

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年07月22日

    薄さもそうですが、なんか軽いノリでさくっと読めてしまいました。姫君とは思えない庶民派のレッカ、元気が良すぎです。

    いかつい風貌でエプロンドレスを着たネリネが、挿絵からも気になりどおしですけど、あんまり女言葉は使ってなかったですね。初代ネリネの弟さんだったんだったとあって、ちょっと納得。

    最後どう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています