しにがみのバラッド。

しにがみのバラッド。

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

目を覚ますと、少女は死神でした。少女は、死神でありながら、その真っ白な容姿ゆえに仲間から「変わり者」と呼ばれていました。しかし、少女の持つ巨大な鈍色の鎌は、まさしく死の番人のものです。少女の使命は人間の命を運ぶこと。死を司る黒き使者である少女は、仕え魔のダニエルと共に、人の魂を奪いにいくのです。死を司る少女は、様々な人と出会い、そして別れていきます。哀しくてやさしいお話。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
シリーズ
しにがみのバラッド。シリーズ
電子版発売日
2017年03月02日
紙の本の発売
2003年06月
サイズ(目安)
7MB

しにがみのバラッド。 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年09月19日

    シリーズ全作読みました。死について、死んでいった人について、これから死ぬ人について、考えさせられた。感動的なシリーズ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月16日

    小学校の頃、かわいいイラストとあらすじに惹かれて初めて自分で買って読んだ小説。
    文章はやや詩的。心があたたまるお話です。
    1巻はどのお話も全てお気に入りです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月23日

    モモという「しにがみ」が贈る、笑いあり涙ありで読み終わったら胸がほっこりと温かくなる・・・・

    そんな小説だと思います。

    おススメは「きみのこえ」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月15日

    やさしい死神さんのお話です。
    ショートストーリーになっていて読みやすくて
    大体1話ごとに泣いてしまうぐらい切ないくて2巻目も読みたくなりました

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月27日

    優しすぎる死神Aー100100「百々(モモ)」と可愛らしい使い魔「ダニエル」そして、死の運命に手繰り寄せられる多くの人々の切な過ぎるほどの心温まる物語。
    新刊が出るたびに買い続けてます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月03日

    読んだ後に命について考えさせられる作品です。
    読んでいる間はただただその世界に引き込まれます。
    私が何より好きなのはハセガワケイスケさんの言葉の紡ぎ方です。
    凛としていて優しい。
    それがストーリーからくる印象なのかハセガワケイスケさんの文才の力なのかは定かではありませんが、まずそんな印象を受ける作品...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月29日

    哀しくて優しいです。
    笑える部分とかもあるんですが、泣ける部分が多いです。

    死神なのに魂を運ぶときに泣いてしまうモモ。
    泣くのは、死にゆく人が涙を流せないから。
    「代わりに泣く」って、なんか切なくないですか?

    文体も読みやすいので、初めてラノベを読む人にオススメです。
    ハセガワケイスケさんの本は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月25日

    登録してなかったっけ?これ。
    まぁ、いいや。

    なんだかんだで1巻が一番好きです。
    この作品に出会えてよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    雰囲気がとても好き。
    詩的なのは好き嫌いが分かれるところだけど、わたしはすき。
    切なくてやさしくて、考えさせられるおはなし。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    各巻の登場人物達になんらかの接点があったり、後に出会ったり。

    大体がハッピーエンドのはずだけど、中には報われない子もいるから不意に泣けてくる。
    中学生の時は布団にもぐりながら読んでボロボロ泣いてたよ。

    巻を増すごとに世界が広がるけれど、私は6巻辺りまでの雰囲気が好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

しにがみのバラッド。 のシリーズ作品 1~13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~13件目 / 13件
  • しにがみのバラッド。
    649円(税込)
    目を覚ますと、少女は死神でした。少女は、死神でありながら、その真っ白な容姿ゆえに仲間から「変わり者」と呼ばれていました。しかし、少女の持つ巨大な鈍色の鎌は、まさしく死の番人のものです。少女の使命は人間の命を運ぶこと。死を司る黒き使者である少女は、仕え魔のダニエルと共に、人の魂を奪いにいくのです。死を司る少女は、様々な人と出会い、そして別れていきます。哀しくてやさしいお話。
  • しにがみのバラッド。(2)
    ある日、ひとりの少女が目を覚ましました。その少女は、人間ではありませんでした。手には、鈍色に光る鎌を持っていました。傍らには、奇妙な黒猫がいました。少女は――「死神」でした。そして、死を司る少女には、他の仲間と違うところがありました。その姿が、雪のように真っ白なこと。その心が、春のようにやさしいこと。これは、白い死神の、哀しくてやさしい物語です。
  • しにがみのバラッド。(3)
    少女は届けます。人から人に、届けます。哀しい「気持ち」を。やさしい「想い」を。少しだけでもいい。前に向かって歩いていきますように。やわらかな想いで、世界が満ちますように。願いが、伝わりますように。そして、真っ白な雪のような姿の死神は舞うのです。人々の想いをのせて――。これは、白い死神の哀しくてやさしい物語です。
  • しにがみのバラッド。(4)
    白い死神は尋ねます。キミは何処に行くの? キミは誰に逢いに行くの? キミは何処まで歩いて行くの? キミは何処まで、飛んでいけるの……? 人と死神の不思議なふれあい。それは、前ばかりじゃなく後ろを振り返る勇気と、あと一歩踏み出す心の強さを、ほんのすこしだけ与えてくれるのです。白い死神は尋ねます。――キミは何処に行くの? 聴こえますか? これは、白い死神からの哀しくてやさしい唄。
  • しにがみのバラッド。(5)
    永久の花よ、来たれ――。「――――?」名前を呼ばれた気がして、白い少女は振り返りました。しかし、そこに求める姿はありませんでした。そこにはただ空があり、何処からか風に飛ばされてやってきた淡い白い花びらが一枚、目の前を通り過ぎるだけでした。少女は大きな瞳でその花びらの行方を追います。風に舞って、ゆらりゆらり宙をたゆたう。風に乗って、ふわりふわり遠くまで。名前を呼ばれた気がしたのです。少女を、よく知る声が――。これは、白い死神の哀しくてやさしい物語。
  • しにがみのバラッド。(6)
    ――来たれ、白き花よ。永久に枯れぬ花よ。それはまるで、真っ白い花のよう――。白い少女が振り返ると其処は、灰色の街でした。迷い人の園。虚無と現実の果て。少女を呼ぶ声。白い花を呼ぶ音。――来たれ、白き花よ。永久に枯れぬ花よ。――見付けておくれ。――この、散りゆく花の音を。そして白い少女は扉を開き、枯れ逝く花の声を聴いたのです。これは、白い死神と黒猫の哀しくてやさしい物語。
  • しにがみのバラッド。(7)
    何処かで鈴の音が聴こえて、ふわりと咲く風になりました。風は真っ白い花をたずさえて、空に浮かびます。真っ白な花だと思われていたそれは、真っ白な少女でした。少女で、そして――死神でした。そのまわりを、黒猫が、ぱたぱたとコウモリのような羽根で飛んでいました。少女はやさしく微笑み、黒猫をそっと抱えて、ラララ、と唄いはじめました。――空には、雨あがりの虹が架かっていました。これは、白い死神と黒猫の、哀しくてやさしい物語。
  • しにがみのバラッド。(8)
    まるで、“光”と“影”のような二人の少女。その白と黒の死神に仕える黒猫たち。彼らの想いは、通じ合っているはずなのに、すれ違ったままでした。彼らの主人である少女たちも、外見はうり二つでしたが、心はすれ違い続けました。あるとき。灰色の街に住む白い花は、枯れ逝くまえに、ことばを届けます。“光”と“影”へ。けっして交わるはずのないふたりへ。そして、黒猫たちは……。――これは、白い死神と黒猫の哀しくてやさしい物語。
  • しにがみのバラッド。(9)
    真っ白な少女は、空にたゆたっていました。そこは、不思議なくじらが舞う世界。忘れものの森。電波塔の上。海が近い街のどこか……。傍らには真っ黒な猫の姿をした仕え魔がいました。少女は、死神でした。それは、ひとびとの命を運ぶ存在。真っ白な少女は、ひとびとと関わり、交わり、そして変えていくのです。これは、白い死神と黒猫の、哀しくてやさしい物語。
  • しにがみのバラッド。(10)
    行ってくるね。真っ白な少女は、精一杯に笑った。仕え魔のダニエルは哀しそうに、行ってらっしゃい。と応えた。白い少女の向かう先は、光が塗り替えた世界。そこは、何も無い世界。少女は、透明な空に、透けるように少しずつ消えていく。そうして、ここから、離れていった。――少女を待っていたのは、赫い血の色の空。鈍色に光るのは、その空に浮かぶ存在が手にした巨大な鎌。その少女は、死神だった。真っ黒の。そして、はじまる。はじまりの終わり。終わりのはじまり。これは、白い死神と黒猫の哀しくてやさしい物語。
  • しにがみのバラッド。(11)
    真っ白い花びらが、風にたゆたって、泳いでいる。そんな何処かの空から、真っ白な女の子がふわりと現れた。私の心に触りにやってきた。その子は、自分のことを「死神」なんて言うけれど、私は思う。天使じゃないかって。本当は、哀しいことを告げにきたのに。たいせつなものを失くしてしまうと、教えてくれにきたのに。私の心に触れにきた。かわいらしい黒い猫をその胸に抱いて。そして私は、どうしてか言ってしまったんだ。「友達に――なって」なんて。これは白い死神と黒猫の哀しくてやさしい物語。
  • しにがみのバラッド。(12)
    ダニエルは、モモのいなくなった世界で、ひとりぼっちで旅をしていました。モモが残した“想い”を拾い集めながら。何処かでまたモモに逢えるんじゃないかと想いながら――。モモとアンは魂を扱うことで、この世のバランスを保つ存在でした。その二人が、今はいない――。ならば逆に、くずれたこの世のバランスをもう一度取り戻すことで、もしかすると、もう一度モモに逢えるかもしれないとダニエルは考えました。そして、ダニエルは、モモと関わった人間たちが残す“想い”をさがしはじめます。これは、“真っ白い花”が世界に残した、“想い”をたどる物語。
  • しにがみのバラッド。リバース。
    ヒカリが溢れて、淡い色のやさしい光になって、すべてをつつみこみます。真っ白い女の子と黒猫が舞い踊るとき、魂は、空へと導かれていきます。白い死神モモは、涙を流しながら、人の命を奪っていくのです。そこには、人々の様々な想いのカケラたちが詰まっていました。忘れることのない、大切な想いのカケラたち――。これは、今までのお話では語られることのなかった、秘められたエピソードを紡いだ物語です。あなたの大切な想いのカケラを、白い死神モモと黒猫ダニエルと一緒に探してみませんか。

しにがみのバラッド。 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

電撃文庫 の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング