日本の戦争 何が真実なのか

日本の戦争 何が真実なのか

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「日本は侵略した」と思っているあなたへ。日本は侵略国なのか? 古代から近現代まで、日本の対外戦争史をたどり見えてきた真実とは――。日本は外国と、なぜ、どのように戦い、世界にどんな影響を与えたのか? 欧米諸国や中国などとは異なる日本の一貫した姿がいま明らかになる!【内容】○日本人と西洋人の戦争観はこんなに違う○「侵略」という言葉では正しい戦争理解はできない○日本最初の対外戦争としての「三韓征伐」○「白村江の戦い」――日本はなぜ朝鮮半島に兵を送ったのか○「刀伊の入寇」――日本史上、初めて「攻めてきた」外敵・女真族○「元寇」とはどのような戦いだったのか○豊臣秀吉の朝鮮出兵の本当の理由○「薩英戦争」と「下関戦争」で日本が侵略されなかった理由○「日露戦争」でも貫かれた日本の“専守防衛”○「日韓併合」の真実○新資料の公開で明らかになる日米戦の真実

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKS
ページ数
248ページ
電子版発売日
2017年02月07日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

日本の戦争 何が真実なのか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年10月04日

    日本人が過去に起こした対外戦争の特徴を解説。戦争は常に両者の主張があり、現在の日本人はアメリカ側の主張に基づく日本史を学んでいるとしている。著者の主張が諸外国に受け入れられることは難しいだろうが、日本人としては日本側の主張に基づいた日本史を学ぶことはアイデンティティを理解する上で重要だと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

扶桑社BOOKS の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング