カミオロシ弐 ~人形供養の儀~
  • 最新刊

カミオロシ弐 ~人形供養の儀~

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

人形が持ち主の下に帰ってくる。生徒たちの間で囁かれる噂。玖流は同級生の皐月から人形供養について相談を受ける。玖流は取り合わなかったが、皐月は事故にあい、異様に人形に怯えているという。 単なる事故と切り捨てる玖流に憤る美古都。そんな彼らを待っていたのは皐月の死だった。何かあると探りだした玖流と美古都は、恐るべき秘密へと辿りつくのだが!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2017年02月15日
紙の本の発売
2012年02月
サイズ(目安)
5MB

カミオロシ弐 ~人形供養の儀~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年06月22日

    2
    見事なドジっ娘、作品に合わないような気がして最初は嫌いでした。
    けれど、クライマックスにて考えが変わりました。
    大切な人と大切な人、どちらか一人しか救えないとしたら、より大切な人を選ぶ。
    読んでいて辛かったです。

    今回も不気味でオカルトで凄く好きな文章でした。
    人形は怖い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月19日

    2巻目ということで、それぞれのキャラクターが固まってきてわかりやすくなり、話を楽しむことができました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月03日

    完璧超人主人公+ヒロインっていうなかなかない組み合わせがいいアジ出してる。
    オカルトサスペンス(?)なラノベって他にあんまない気がするから長く続いて欲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月24日

    壊れた人形を供養しないで捨てると勝手に帰ってくる.
    捨てられた恨みを晴らすために….

    神様が出てきたりとオカルトめいてますが,
    結局一番怖いのは人間だ,を地で行ってる作品ですね.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月31日

    前作に比べてホラーさが増したかな。
    オカルトのみじゃないよってのがわかってよかった。

    そしてラストはちょっと悲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月11日

    ミステリータッチのホラー小説。どこからどこまでが人為的なのか?と予想しながら読むのが面白い。ヒロイン美古都の性格もツボ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年03月12日

    人形の話は、やっぱり多い話題ですよねー。
    ホラー要素満載。

    色々明かされるのかと思いきや
    電話のやり取りも中途半端で
    人形と分かっていながらどうしてという謎がそのままで、
    あまり納得出来ずENDで残念。

    最終的には全部繋がるのかな?
    雰囲気は好きなので
    続刊が出れば読もうと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

カミオロシ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • カミオロシ ~縁結びの儀~
    神社にまつわる恋愛成就のおまじないの噂。その神社に課外活動で訪れた生徒たち。その中に玖流緋澄と識読美古都はいた。学園で双璧をなす秀才、才媛の二人だが、顔を合わせば皮肉の応酬となる間柄。おまじないとは無縁の二人だった。神社に訪れたほかの生徒たちは奇妙な顔ぶれだった。おまじないを信じ、互いを意識する生徒たち。だが、そんな浮ついた空気は一変する。他愛のない恋愛成就のそれが、次々と死をもたらしていく。それは呪い、それとも――。謎に迫ろうとする緋澄と美古都の二人が知る真実とは!? 伝承系ファンタジックホラーの登場。
  • カミオロシ弐 ~人形供養の儀~
    人形が持ち主の下に帰ってくる。生徒たちの間で囁かれる噂。玖流は同級生の皐月から人形供養について相談を受ける。玖流は取り合わなかったが、皐月は事故にあい、異様に人形に怯えているという。 単なる事故と切り捨てる玖流に憤る美古都。そんな彼らを待っていたのは皐月の死だった。何かあると探りだした玖流と美古都は、恐るべき秘密へと辿りつくのだが!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています