2040年全ビジネスモデル消滅

2040年全ビジネスモデル消滅

作者名 :
通常価格 866円 (788円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

2040年、これまでのビジネスモデルがすべて通用しない世界が来る……。

ベストセラー『2020年マンション大崩壊』の筆者の第2作!
前回は個人の住宅問題に切り込んだが、今回はビジネスモデルが対象。

日本の高度成長時代、「量的充足」を目指したマクドナルドのビジネスモデルは、
外食産業のみならず、日本のすべてのビジネスモデルを牽引するものだった。
とくに不動産業界は都心から郊外へ、いかに安く大量にオフィスビルや住宅を
供給するかに鎬を削った。同じサービスが「どこにいても手に入る]ことが重要だった。

いっぽうでディズニーランドは浦安・舞浜のシンデレラ城にこもったきり、
外には決して出てこなかった。不況下でも値上げを続け、「ここにこなければ
手に入れることが出来ない」価値を生み出し続けることに集中した。
「質的充足」を目指したビジネスモデルの先駆者となったのである。

1996年以降、日本の生産人口が下り坂になると、マクドナルド型ビジネスモデルは、
急速にどこにでもある陳腐なもの、すなわち「コモディティ化」し、その価値は崩壊していく。
対するディズニーランド型のビジネスモデルは、他では手に入らない特別なサービスを
提供することで、現在のビジネスシーンを牽引している。

しかし、今、絶頂にあるディズニー型ビジネスモデルにも、やがて限界が来るだろう。
それは1%の超富裕層と99%の貧困層といわれる、超格差社会の到来が、
「特別」をウリにしたディズニーランド型のビジネスモデルすら存続不可能にするからである。
そのとき、あなたはどうする……。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2017年01月06日
紙の本の発売
2016年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

2040年全ビジネスモデル消滅 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年01月28日

    2040年全ビジネスモデルが消滅してしまうという著者の仮説である。
    中身であるが、一世を風靡したマクドナルド型ビジネスモデルが隆盛を極め、また、衰退していった経過が、日本経済の歴史、人口動態の変化、商品のコモデティ化などに起因していたことをデータを示しながら解説されてある。
    方や、同じく米国発のディ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月02日

    不動産の専門家がどうしてビジネスモデルを語るのか?

    というのが、書名を目にしたときの率直な疑問だが、
    マクドナルドとディズニーランドという、
    誰しもが知っている商売を対比しながら論じてゆき、
    最終的には不動産につながってゆく・・・という、
    いちおう、筋が通ったものにはなっていた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月23日

    新年(2017)あけましておめでとうございます!二年越しで読みましたが、新年になって初めて読み終わった本です。昨年末に最寄りの本屋さんで見つけた本ですが、タイトルの衝撃さ「2040年全ビジネスモデル消滅」に惹かれて購入してしまいました。

    凄い内容が書かれていました。日本が絶頂期を迎えた1996年(...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月30日

    よく言われている量重視のビジネスはそろそろ限界で、コンテンツ重視になっていきますよという話。不動産の話も絡めているのが新鮮。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月27日

    2040年のビジネスモデルがどうなってるかを書いてるのかと思いきや、マクドナルドとディズニーランドの話がメインだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    牧野さんという人は不動産が専門なのに「全ビジネスモデル」まで風呂敷を拡げてしまった。全部読まなくてもよい新書の例としてはよい。最初の5分の一だけ読めばよさそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月08日

    20世紀半ばに誕生したマクドナルドとディズニーランドは共に飛躍的な発展を遂げてきたが、21世紀になると業績に大きな差が生じ始める。マクドナルドは、デフレに対応するため価格を下げ、下がった売上を補うために他店舗化を推進したけっか、完全なコモディティ商品となった。一方、ディズニーは施設の魅力を上げること...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月16日

    【2040年全ビジネスモデル消滅】

    ●A. 日本の不動産の世界はこれまで、マクドナルドと同様、住宅やオフィスなどの「量的充足」を目指してきた。しかし、人口減少により新たな需要の増加が期待できなくなる中、不動産はコモディティ化し、地価は下がり続けている。

    ●B. 観光やイベント、体験などの提供を通...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月07日

    あまりビジネスの知識がない自分が読んでも、興味深く読める本でした。
    マクドナルドとディズニーランドの分析が緻密で面白かったです。
    ただ、タイトルは少し大げさなような気がします。不動産ビジネスとした方が誠実。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月29日

    タイトルに惹かれて購入。
    マクドナルドとディズニーランドのビジネスモデルを時系列で対比させ、述べられた現在までの結果と今後起こるであろう危機の予測には大いに共感した。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています