51歳の初マラソンを3時間9分で走ったボクの練習法

51歳の初マラソンを3時間9分で走ったボクの練習法

作者名 :
通常価格 864円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

行きつけの寿司屋の大将に、
地元横浜で初めて開催されるマラソン大会に誘われたのがきっかけだった。

ロードバイクを嗜んでいたものの、ランニングはほぼ未経験、というか大嫌い!
それでも自転車仲間に「自転車乗りの意地にかけて」と高い目標タイムを強いられ、走り出した。

経験なし、トレーナーなし、知識ゼロのランニング素人は、
どうやって走力を伸ばし、初マラソンで3時間台前半という驚異のタイムを叩き出すことができたのか?
その全貌を初公開。

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
SB新書
ページ数
176ページ
電子版発売日
2016年11月04日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2016年12月18日

初マラソンを3時間前半で走り、2回目で3時間9分の自己ベストを出した俳優の鶴見信吾さん。もともと自転車をやっていたおかげもあるのでしょうけれど、本書で紹介されているストイックな練習のたまものでしょうね。
自転車を始めるまでのエピソードや、ランニングと自転車の比較がとても興味深い。同世代の者として、元...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月19日

文字通り、初マラソン3時間9分で走ったタレントの鶴見辰吾による、マラソンの練習法について綴った一冊。

元々ロードバイクで心肺機能を鍛えていたとはいえ、当然ながらロードバイクとマラソンは違う部分があり、50歳過ぎてでいきなりサブ3を目標にしてそれに近い記録を達成するのはすごい。
そして、特にトレーナ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月15日

サブスリーを狙うランナーの様子が書かれている。
練習法とあるが、ノウハウ本ではない。
芸能人ランナーだからコーチをつけて特別な練習を…ということはなく、一市民ランナーとしてレースまでの経緯が書かれているので共感するところは多い(本にもあるが、実際にランスマに出場した様子を見たし、そんな印象はなかった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play