知られざる皇室外交

知られざる皇室外交

作者名 :
通常価格 864円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

1953年、19歳の明仁皇太子は大戦の遺恨が残る欧州を訪れた。各国王室との交流、市民や在外日本人との対話、戦没者の慰霊……。両陛下の振る舞いやおことばから、根底にある思いにせまり、皇室外交が果たしてきた役割を明らかにする。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川新書
電子版発売日
2016年10月08日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年11月04日

【内容】
今上天皇ならびに美智子皇后による諸外国首脳や元首との“外交”について、書かれた一冊。(本書に倣い、“外交”と記します。)
日本のニュースではあまり報道されていない、両陛下と諸外国とのやり取りが記載されている。
両陛下に直接インタビューされたわけではないが、著者(新聞記者、ジャーナリスト)が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年02月22日

皇族、特に天皇皇后の諸外国首脳との交流、外国訪問が、どれだけ日本全体が外国に与える印象を好ましいものにして来たかを、実例によって説く。
・誰に対しても平等にもてなすこと
・庶民と真近に接すること
・戦後日本への悪印象を保っていた国々の多くの人の印象を塗り替えたこと
・諸王室との交流を長く続けているこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月02日

 本書は各国外交についてその儀礼的側面から(特に食事会のメニューによって)読み解いてきた著者による、両陛下の軌跡を手繰った新書である。
 2016年10月に刊行された本書は、古くは今上の陛下の皇太子時代(戦後)から10年代に至るまで両陛下が切り開いてきた日本と各国の関係を詳らかにするものであり、そう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月12日

近年の日本外交はメタメタと勝手に思っていたが、この本を読んで、少し見方が変わった。変わったのは外交官の努力というより、皇室の存在する意味とその外交における力だ。王家を大事にしている国に対しては、その存続年数を誇れる日本の皇室は使える武器だということがよくわかる。また、日本の象徴という意味において、東...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月01日

生まれてから亡くなるまで変わらない皇族という在り方による長期的な外交がいかに日本の国益に貢献してきたか、ということを具体的なエピソードを集めて教えてくれる。実利的な外交と、観念的な外交の両輪が日本にはあって良かった!

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「西川恵」のこれもおすすめ

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play