低欲望社会 ~「大志なき時代」の新・国富論~(小学館新書)

低欲望社会 ~「大志なき時代」の新・国富論~(小学館新書)

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

“アベノミクスのパラドックス”を読み解く。

〈安倍政権が「アベノミクスのエンジンを最大限にふかす」「切れ目のない経済対策」「第2次安倍政権以降最大の28兆円」などと喧伝すればするほど、国民は日本経済の先行きは暗いと思ってしまう。これこそアベノミクスでも景気がいっこうに上向かないパラドックス(逆説)の仕組みであり、私が「心理経済学」として提唱していることである。〉(新書版まえがきより)

なぜ「アベノミクス」では景気が良くならないのか? 
日本が“借金漬け”から脱する日は来るのか? 
「皆が等しく貧乏になる国」で本当にいいのか? 
……それらの難題を読み解くカギは「低欲望社会」にある。

日本では今、世界に先駆けて未曽有の危機が進行している。人口減少、超高齢化、欲なき若者たちの増加……。この国に必要なのは人々の心理に働きかけ国全体を明るくする新たな国富論だ。

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館新書
ページ数
288ページ
電子版発売日
2016年10月06日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

低欲望社会 ~「大志なき時代」の新・国富論~(小学館新書) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年02月03日

    コンサルタントである著者が統計データや世界中を見てきた所感を混じえ論理的に喝破し日本再生の道筋を展開。
    そう上手くはいかないとは思いつつ頷ける点もかなり多い。
    不安さえなくせば日本は大丈夫!と坂の上の雲を見よ、君たちは大丈夫なのだよ、と最後にはエールも。
    思考停止に陥っている日本人には一読の価値あり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月18日

    著者は“低欲望”とでも呼ぶべき傾向に関して「内向き、下向き、後ろ向き」と纏め、「それで善い筈もないが、事実なのだから、受け止めて“仕切り直し”をして行こうではないか!そして、今やらなければ本当に“機会”を逸してしまう…」としている。
    本書では、“声が大きい”人達が声高に主張することに関して、実はかな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月17日

    本書は、大前研一流「国富論」であり、著者が考える日本経済を良くするための施策を提言している。

    形としてアベノミクス批判のようにも見えるが、結局のところアベノミクス以前からある問題について、「著者の提言が実行されれば良くなるはずなのに何故アベノミクスではしないのだ」という内容で、大前研一ほどの大御所...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月06日

    「将来への不安」は個人消費や設備投資の減少など、日本経済にとってはマイナスです。
    若者に対しての意識調査に今の社会状況が如実に反映されています。
    高校生の7割が「不安を感じる」という結果が出ています。

    政府や企業があの手この手を使って消費を喚起していますが、
    将来への不安から貯蓄率は増加傾向です。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年01月06日

    戸籍はデータベース化されていない。
    住民票と戸籍を別にする意味はない。

    全銀システムを運用しているNTTデータに年間100億円の利用料を払っている。
    1営業日平均で550万件、約11.3兆円(年間で13.5億件、約2700兆円)の取引が行われている。
    そのコストは預金者が負担していることになる。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年11月24日

    豊かな世の中で国民のほとんどが低欲望になった日本。それに合わせた経済政策をすべきなのにできていない日本。


     この低欲望社会という日本の特徴を理解していないと、20世紀の経済成長前提の経済政策は無意味でしかない。それなのに、今の経済担当はそれしかできない。

     結局、新しいことができない日本の悪い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています