0葬 ――あっさり死ぬ

0葬 ――あっさり死ぬ

作者名 :
通常価格 429円 (390円+税)
紙の本 [参考] 462円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本の葬儀代は世界一。葬式や墓に何百万円もかける必要が本当にあるのか。遺族が散骨を行う「マイ自然葬」、そして葬儀をせず遺骨すら受け取らず、墓も作らない「0葬」へと時代は確実に進んでいる。超高齢化が進み、死者を葬り、弔うことへの意識は昔と大きく変化してきた。もはや死後、遺体を適切に処理するだけで十分なのだ。遺族へ迷惑をかけない逝き方に悩むあなたに必読の「終活」入門書。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2016年10月07日
紙の本の発売
2016年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

0葬 ――あっさり死ぬ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年10月09日

    死とどう向き合うか、葬式とどう向き合うか、というよりも、
    宗教とどう向き合うか、仏教とどう向き合うか、という話だったように思う。

    かつて死は今より身近にあって、いつもそばで私達を見ていた。
    元々は、いかに肉体の苦しみを和らげるか、ということが医療の目的であって、いかに精神の苦しみを和らげるか、とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月19日

    今の葬式って禅宗が始めたのかー、知らなかった。

    基本的な論旨は同意なんだけど、残された生者の側から見た葬儀の意味について、もっと深く掘り下げてほしかったなあ。そこがないと、一般の人たちに向けた説得力はいまいち欠けるように思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています