はじめての古寺歩き

はじめての古寺歩き

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

古寺を歩くことは、日本を知ること――歴史に通じた著者ならではの視点で、鑑賞の3大ポイント「仏像・建築・庭園」を基礎から解説。実践篇、上級篇では東寺・善水寺・三徳山三仏寺ほかの古刹や四国遍路を巡り、その縁起や見どころはもちろん、「ここは大事!」という実体験に基づいた拝観のマナーや身支度、心得などを丁寧に紹介する。初心者が本当に知りたい、基本の「き」からよくわかる! 楽しく深い古寺歩きの入門ガイド。
※本書は、平成十七年四月、小社刊の新書『古寺歩きのツボ──仏像・建築・庭園を味わう』(角川oneテーマ21)を改題のうえ文庫化したものが底本です。文庫化にあたり「上級篇」を加筆しました。


基礎篇――これだけは知っておきたい
  一 仏像の基礎知識
  二 仏像の美術史的アプローチ
  三 建築
  四 庭園

実践篇 入門コース――さあ、でかけよう
  一 京都の古寺――金閣寺
  二 京都の古寺――千本釈迦堂
  三 京都の古寺――永観堂
  四 奈良の古寺
  五 琵琶湖周辺の古寺
  六 九州などの古寺

実践篇 中級コース――もう少し足を延ばして
  一 東寺
  二 善水寺
  三 三徳山三仏寺

上級篇――四国遍路へ行ってみよう
  一 知っておきたい基礎知識
  二 巡礼の方法と心得

訪れておきたい古寺一覧

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2016年09月24日
紙の本の発売
2016年09月
サイズ(目安)
6MB

はじめての古寺歩き のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年03月15日

    何故か仏像に魅せられるなぁと、お寺巡りをしていましたが、こちらの本を読んで、もっと知りたい、見たいと思いました。
    古寺巡り始めてみます。
    この本を読み返しながら。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月22日

    お寺を巡る知識。感想や、心構え、見るポイントを著者が実際の経験を通して綴られてる。
    僕が寺院に魅せられてのは、そこにすべての有限の中で息づく叡智、継承、その時代の文化の華麗さを感じられるからだろう。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年03月14日

    古寺歩きのポイントは3つー仏像・建築・庭園―だという。ただ、この3つ全てを兼ね備えた寺はほとんどない。
    奈良・平安期までの寺は、仏像に見応えがあるが、鎌倉以降の禅宗では、仏像にあまり重きを置いていない。禅宗では、寺は修行(座禅)の器という観点が重要となり、庭園に力が注がれている。江戸時代になると、仏...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています