仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方

仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方

作者名 :
通常価格 1,366円 (1,242円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「あっ、すっかり忘れていた! 」
「おっと、うっかり見落としていた……」
「そうなんですか? 勘違いしていました」
「なんで自分はあのときハンコを押したんだろう?」

これらのミスが起きてしまうのは、あなたの記憶力や注意力、コミュニケーション力、あるいは判断力が、低いからではありません。

実はそもそもわれわれの脳自体がミスを起こしやすいメカニズムになっているのです。

しかもそれは、「忘れた! 」というミスに限らず、そのほかのミスも脳の「記憶」にほとんどの原因があることが、最近の脳科学、認知科学の研究で急速に明らかになってきました。あなたはそのことを知らないがために、ミスを起こしてしまっているだけなのです。

本書は仕事のミスを以下の4つにわけ、それぞれのミスが起こるメカニズムと、ミスを防ぐ基本対策を解説していきます。

1 メモリーミス(忘れた! )
2 アテンションミス(見落とした! )
3 コミュニケーションミス(伝わっていない! 聞いていない! )
4 ジャッジメントミス(判断を間違えた! )

さらに、単にミスをなくす基本対策だけでなく、上司や同僚、取引先から「すごい! 」と言われるための応用編として、マスターへの道も用意しました。

この本は、一風変わった仕事術を紹介する本ではありません。

これまでさまざまなビジネス書で紹介されてきた王道テクニックがいかに脳のメカニズム上、有意義なことであるかを説明し、これまで以上に納得していただいて、「理解」だけではなく「実践」してもらうことを目的としています。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
ページ数
240ページ
電子版発売日
2016年08月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月27日

    仕事をする上でめちゃくちゃ大切な考え方を教えてもらった。

    特に、注意力に上限があるって考え方はかなり役立つ。

    根性とか、精神論は嫌いだったけど、自分が無意識にそういう発想で仕事をこなそうとしていたと気付いた。


    「マルチタスクが苦手」「ケアレスミスが多い」
    という人には必読の一冊!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月12日

    脳科学的な観点からミスが無くなるポイントや方法、メモの大切さなどを解説されていてなるほどと思いました。
    しっかりしていると言われるのにとんでもないおっちょこちょいをしたりしてしまう性分で、ワーキングメモリを意識するという点やミスは無くせないということを理解するという点で、今後に活かせそうな本でした。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月13日

    仕事のミスはなくならないということを自覚すること
    早い思考で判断しているが今までの経験に引っ張られがち
    人間のワーキングメモリーは少ないためミスがおきる
    数字の覚え方
    ア行からワ行までに番号を振る

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月05日

    「ワーキングメモリー(短期記憶)」
    記憶って短期記憶と長期記憶に分かれます。
    パソコンに例えると
    短期記憶がRAM
    長期記憶がHDD
    となり短期記憶は長期記憶に変えることができなかったら忘却していきます。

    長期記憶にする必要もない日程調整を忘れないためにどうするか。
    僕は単純にメモしてます。
    いわ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月24日

    タイトルに工夫がなく大して期待していなかったのだが、得るものが多かった。
    本書では4つの代表的な仕事のミスを取り上げて、それぞれの原因と対策を論じている。いずれも本当にいつも誰でも起こしているミスばかりだが、それらのミスにはいちいち理由があって、それは人間の本能に根差した本質的なものであることが、脳...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月19日

    おもしろかった。
    この本を読んだお陰で、より勉強、読書などが楽しくなってきた。

    ・物を覚えたい時には大雑把に覚えようとしてあげることで、脳には低負荷で長期記憶化しやすい。
    そこで覚えた情報を元に徐々に細かいところを覚えていくことが効率的に記憶できる一つの方法。

    ・場所記憶とイメージ記憶

    ・世界...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月25日

    「メモリーミス」、「アテンションミス」、「コミュニケーションミス」、「ジャッジメントミス」の4つの観点で、脳みそのクセの観点も織り交ぜながら、なぜミスが起きるのか、どうやったら防げるのかを論じている。具体的な対策も挙げられていて、為になる本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月09日

    理屈、理論、方法論など知りたい内容が一通り書いてあってなんか満足しました。読みながらチェックリストを作りまくったら、生活全体が楽になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月30日

    安くなっていたので電子書籍で購入。
    読みやすいがタイトルほどちゃらくなく、科学的な知見をベースに、ミスのメカニズムを紹介している。分かってたという内容もあるが、整理のされ方が分かりやすく、明日以降の行動に生かしやすいと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月28日

    ミスがなくなると言うよりはミスを防ぐ頭の使い方の本。
    自身のミスだけでなく他人のミスを指導、改善するためには知っておくべき知識だと思う。
    メモ、報連相、調整などの必要性が論理的に理解できる。
    記憶力ではなくワーキングメモリーを意識した行動が大事と再確認した。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています