図解 仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方

図解 仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,408円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

◆4万部突破のロングセラーが待望の図解化!!
◆想像以上にいい加減な脳の性質を理解すれば、仕事のやり方は劇的に変わります

「あっ、すっかり忘れていた!」
「おっと、うっかり見落としていた……」
「そうなんですか!? 勘違いしていました……」
「なんで自分はあのときハンコを押したんだろう?」

これまであなたは仕事でどんなミスをしたことがありますか?
また、どんな失敗をしかけたことがあるでしょうか?
まったくミスや失敗をしたことがない人はいないでしょうから、
この質問に答えられない方はおそらくいないでしょう。
じつは、それらのミスが起きてしまうのは、あなたの記憶力や注意力、
コミュニケーション力、あるいは判断力が低いからではありません。
そもそも、われわれの脳自体が「ミスを起こしやすいメカニズム」になっているからなのです。

この本は、2016年に出版された『仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方』から
そのエッセンスを抽出し、わかりやすく図解したものです。

この本では、仕事のミスを以下の4つに分け、
それぞれミスが起こるメカニズムとミスを防ぐ基本対策を解説していきます。

(1)メモリーミス(忘れた!)
(2)アテンションミス(見落とした!)
(3)コミュニケーションミス(伝わっていない! 聞いていない!)
(4)ジャッジメントミス(判断を間違えた!)

あなたがこの本で脳のメカニズムを正しく理解し、正しく対策を打ちさえすれば、
これらのミスのほとんどを防ぐことができるはずです。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
ページ数
144ページ
電子版発売日
2019年03月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
45MB

図解 仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月16日

    「仕事のミスが絶対なくなる」て言うタイトルに惹かれて読みました。仕事のミスが絶対なくなるためには、言われてみれば当たり前ですが、自分の脳の働きのことを知らないと理解できません。本の中では、脳の働きのことをイラストもまじえ、わかりやすく解説されています。「あー、なるほど」と頷きながら、日々の仕事のアウ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月09日

    ・ミスを恐れて新しいことに挑戦しないことこそ、最大のミスである
    ・これまで失敗した時の心理を論理的に解釈し、対策を考えている本
    ・脳はミスを起こしやすくできているので、ミスはあって当たり前だと思うようにする
    ・ミスした時のフィールドバックが1番大事

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月08日

    「だからダメだったのか!」にたくさん気付ける一冊。今すぐ実践できることが山積み。
    最後のオチには「そうなのか…」と思ったけれど、結局いかにミスを減らすかが大切。
    やらかした経験がある人は絶対読むべき一冊!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月19日

    ミスをしないために気をつける、ではなく、ミスをするものだと認識し、そこに対し適切なアクションをとっていくということが重要なのだと分かった。日々の業務に活用できる考え方だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月20日

    ミスを心理的なフレームワークで理解したい人におすすめです。逆に、ミスをなんとかしたいとすぐ役立つノウハウを求めている人には少し遠いかもしれません。
    表紙はよくあるノウハウ集かと思いましたが、騙されました。ワーキングメモリやヒューリスティックなど、認知科学を元にわかりやすく説明されていました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月06日

    how to本だけど、なんだろう。
    結構勇気付けられる不思議な本。

    ちょっと仕事でミスして、how to本嫌いだけど、手に取ったら、意外と面白くて買ってしまった。

    人のワーキングメモリって限られてるから、いかに効率よく有効に使うかって本なんだけど

    私は結構、頭の中こんがらがったり、思考が混雑す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月09日

    ワーキングメモリーに常に余力を残すこと。
    頭の中の考えをアウトプットすることでワーキングメモリーが整理される。
    面倒事や心配事の解決を後回しにして、ずーっと頭の片隅でもやもや考え続けてるのは脳の無駄遣いってことですね。分かってはいるのだけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月11日

    メモリーミス、アテンションミス、コミュニケーションミス、ジャッジメントミスの4つの内容に分けみすをしないための行動や考えたについて紹介されている。図解も多く理解しやすい内容であった。
    自分的にはコミニュケーションミスをなくすことは難しいと考えているため、今後の参考にしたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月22日

    人間はミスをする生き物。まずはミスをするメカニズムをしっかり理解し、うまく付き合っていくことが大切。判断ミスを引き起こすバイアスにも気をつけながら、仕事をしていきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月07日

    ・ワーキングメモリをあける
    ・書けば書くほどミスは減り、考えもまとまる
    ・意識の矢印を相手に向ける
    ミスはなくすことはできない。ミスをどうカバーするのか、改善していくのかが大事である。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています