君の名は。

君の名は。

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

私は三葉。「東京のイケメン男子にしてください!」って神様にお願いしたら、なんと、夢のなかで男の子になっていた! だけどこの夢、超リアル。もしかして本当に男の子と入れかわってる!? 人気映画の小説版!【小学上級から ★★★】

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / 児童文学
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川つばさ文庫
電子版発売日
2016年08月15日
紙の本の発売
2016年08月
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

君の名は。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年07月01日

    昨日映画やってましたね
    このアニメ飛行機の中で2回見て完全にハマったんですよね。
    内容的にはめっちゃようわかります。
    僕も絶対嫁さんに会いに行きますから。
    何回でも読める小説です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月18日

    ・げんじつではありえないけど、かんどうするシーンや、おもしろいシーンがたくさんあっておすすめです。字も大きいし、絵もあるので、本をよむのが苦手という人でもだいじょうぶです。
    ・女の子と男の子が入れ変わって、自分の住んでいる所やいろんなことが変わっていくので、ぜひ読んでみてください。
    ・映画で評判にな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月19日

    息子が映画にはまり、勧められて読んでみた。高校生の男女の入れ替わりのラブストーリー、中年の私には縁がないと思っていたけど、入れ替わりは起承転結の承まで。転で想像もしなかった展開になり、涙、涙の展開。あとがきの、生きながらも忘れることの辛さという言葉が胸に残った

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    映画を見ていたのである程度のストーリーの流れは分かっていたが、とても読みやすい文章で読みながら情景が目に浮かぶのが楽しかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月06日

    映画で評判になった本です。時間ずれ、三葉とつかさのからだがいれかわります。よくみれば、いいことがあるかもしれません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月27日

    映画を観た直後、娘が買っていたので、最後のシーンを中心に読みました。

    まったく映画と同じなんだ。そりゃそうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月26日

    出会うはずのないふたりの物語。

    昔、こんな設定の話があったなぁと思いながら読み進める。

    同じ高校生でも都会と田舎の違いを感じることができる表現が面白い。

    アニメの監督が書いた本らしく、映画ではもっとわかりやすい描写なんだろうと思いながら読み終わった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    出会う事のない出会い

    あるす 2016年10月18日

    お互いの存在をウザがっていたけれど、それはやがて当たり前になり日常になる。
    その日常が突然消えると…気になる。
    つい、相手の事を考えてしまう。
    何かあったんじゃないか?

    そして探してしまう。
    追いかけてしまう。

    都会では誰もが他人が当たり前ですれ違いは日常だけれど、探してた相手を見つけても名前を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    素晴らしい

    フラフラ 2016年08月19日

    最後の瞬間まで、ドキドキしました。



    二人の未来に幸あれ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年06月19日

    長編アニメーション映画で話題になった物語。

    東京に暮らす男の子・瀧と山奥に暮らす女の子・三葉の入れ替わりをきっかけに物語が展開していく。

    入れ替わりは、それぞれが眠ることで生じ、本人が自分の肉体で目が覚めると、入れ替わっていた時の記憶は夢のように儚く消えてしまい、ほとんど覚えていない。

    「入れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています