日本はこの先どうなるのか

日本はこの先どうなるのか

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

八方塞がりの日本経済は絶望的なのか?

英国のEU離脱、欧州への大量移民、崩壊寸前の中国経済、米国の過激な大統領候補、日本の戦争リスク……等々、世界はかつてないほど混沌としている。
そこで本書では数字や統計をもとに、「日本で本当は何が起きているのか」を徹底分析。
アベノミクスはとうとう限界に達したのか? 超高齢社会に突入する日本はこの先どうなるのか? などについても、数字やデータを駆使し、説得力のある論理展開に定評のある経済学者がわかりやすく解説。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2016年08月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

日本はこの先どうなるのか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年11月13日

    なんとかどうにかなってほしいとか
    そんなことをおもいつつも、つつも

    2016年を振り返ると、私自身は何であったのか。
    2年も3年もたつとわからなくなってしまうが、
    やはり反省しないといけない何事も。疑いを持って。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月15日

    経済から安全保障まで、日本の様々な問題が挙げられています。著者が以前に、出版している著書と内容が若干被る部分はありますが、全体的に分かり易く、政治経済の専門用語が全く分からない人でも読むことができるくらい、平易な文章で書いてあり、かつ分かり易いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月28日

    元財務相の官僚であり、以前「霞が関埋蔵金」がどの程度あるかを発表して一世を風靡したころから、この本の著者の高橋氏の本を読んできています。この本は今年(2016)8月に発行された現時点での彼の最新本で、現在の日本の状態を解説しています。

    メディア情報によれば、参院選後に憲法改正がしやすくなったような...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月24日

    2017年時点での世界や日本の現状と問題点を解説してくれるという面で良い本だった。
    この人の本は古本を読むのではなく、現状理解の一環として今の本を読むべき人ではあるが、意見をうのみにするのではなく自身で検証するべきでもあると感じた

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年08月26日

    2016年、58冊目です。

    日本は、深刻な財政状態ではないとの主張が基軸になっています。
    借金は、実質100兆円であり巷間言われている1100兆円ではないとも。
    日本は様々な資産を保有しており、なおかつ日本銀行は政府の銀行であり、
    会社で言えば子会社に相当するという考え方(国際的にはそう見られる)...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年05月19日

    上念司さんとほぼ同意見なので読みやすい 歳入庁を作れって事と民主主義国家間が戦争する確率は非常に少ないって話はなるほどと思ったなあ

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年11月25日

    日本のマスコミは日本社会は景気低迷が続き、財政破綻の危機に曝されているとか、中国政府の発表する事を鵜呑みにするような論調で日本が世界から取り残されているようなニュアンスを与えたり、いろいろと心配させるような言葉を新聞紙上に振りまいているが、そのような不安を一掃してくれる内容の本です。

    以下文中から...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

幻冬舎単行本 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング