嘘と感情論で封殺された5つの日本の真実

嘘と感情論で封殺された5つの日本の真実

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

真実は嘘で隠され、事実は感情論で否定される。
内閣官房参与を辞任した著者が、封殺圧力で隠された日本の真の姿を暴く!
twiter“炎上”を経て考えた、マスコミ「切り取り報道」の問題点! 野党とマスコミの存在意義を問う!
【目次】
第1章 日本は本当にコロナ封じ込め「失敗国」なのか?
・「五輪中止」と「ワクチン副反応」で「菅政権批判」を演出したいマスコミと野党
・ワクチンを巡り問われている野党とメディアの存在意義
・野党の能力不足は“国民の不幸”
・GoToトラベルが再開できない理由、ほか
第2章 マスコミによって覆い隠された真実
・温暖化ガス削減報道のウラにあるもの
・菅首相長男「違法接待問題」で、テレビ・新聞の歯切れが悪すぎる
・新聞はあと10年で「消滅」する
・「森喜朗氏批判」のウラで、マスコミの女性登用は全く進んでいない
・賃金の伸びが低すぎる メディアや日銀が理解していない「日本のヤバい現実」
・Eテレ周波数帯の売却案  NHK会長らの反論は電波と番組の意図的な混同か
・NHK受信料は、公共性特化なら国民1人300円
・種苗法改正反対の「お花畑」議論 日本の農業守る取り組みを中国の法制度に委ねるのか
・国会での改正見送りとなった入管法 対象はごく一部の偽装難民、ほか
第3章 バイデン政権で変わる日本の役割
・米中「新冷戦」が始まった。孤立した中国が「やがて没落する」理由
・日米首脳共同声明で追い詰められた中国
・世界的に注目の経済安全保障 危機感が薄い日本
・バイデン政権で日韓外交はどうなる?
・イエレン財政 50年債は日本も見習うべき、ほか
第4章 非民主国家の牙を剥き出す中国
・全人代で露呈した中国の野望 海警法の目的は「習近平強軍思想の徹底」
・中国船の尖閣領海侵入には定点カメラでライブ配信を
・中国経済「独り勝ち」は本当か
・参加国から富を吸い上げる「一帯一路」の罠
・北朝鮮の脅威はどうなるか
・蠢くプーチン大統領の「超長期」政権 中国と共同歩調で反米路線
・ウイグル問題で北米と欧州の対中制裁包囲網
・日本と中国に見放された韓国、ほか
第5章 コロナ後の日本経済 蠢き出す財務省には警戒せよ
・2021年後半の景気回復実現へ “財政と金融の発動”が必要だ
・日銀短観で見えた改善格差 痛かった「GoTo」の停止
・「消費税率19%」まで引き上げが必要? 国の財政は悪くなっていない
・懲りない「コロナ後増税」論 復興増税の二の舞いを許すな、ほか

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
徳間書店
ページ数
272ページ
電子版発売日
2021年07月09日
紙の本の発売
2021年07月
サイズ(目安)
13MB

嘘と感情論で封殺された5つの日本の真実 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年11月07日

    内閣参謀として働かれていた高橋さんにより、マスコミが報道していない裏側の情報発信をされており、とても面白かった。
    マスコミがなぜ報道できないのか?国はなぜ行動しないのか?公にでいないそれぞれの意図が書かれていて視野が広がった。

    誤解していたのは、NHK Eテレの電波帯の売却について。
    電波帯だけを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月15日

    この本の著者である高橋氏には様々な肩書きがあると思いますが、私にとっては「日本国の財務諸表を初めて作って公開した人」となります。

    その財務諸表を見て、少なくともコロナ前の日本は安全なんだなと思いました。そして増田氏が内閣官房参与となり、日本を良い方向へ導いてくれると思っていた矢先、突然辞職されるこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月22日

    最近のマスコミに対する記載は気持ちは分かりますが、あまり必要ないのではと思います。
    やはり得意の経済を中心にご自身の考え、意見を述べられた方が良いと感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング