天正十年、真田幸村は上田城で父・昌幸と夜空を仰いだ。光を増して輝く己の星のまわりに、十の流星が飛来する。「どうやらこの幸村が智能をふりしぼって働く時、手足となって働いてくれる秀れた家来が、十人、現れましょう」武田勝頼の遺児・猿飛佐助、碧眼のイギリス人・霧隠才蔵、石川五右衛門の子・三好清海……「真田十勇士」決定版。超絶の忍術妖術、息もつかせぬ第一巻!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
344ページ
電子版発売日
2016年08月05日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 真田十勇士(一) 運命の星が生れた
    通常版 1巻 658円(税込)
    天正十年、真田幸村は上田城で父・昌幸と夜空を仰いだ。光を増して輝く己の星のまわりに、十の流星が飛来する。「どうやらこの幸村が智能をふりしぼって働く時、手足となって働いてくれる秀れた家来が、十...
  • 真田十勇士(二) 烈風は凶雲を呼んだ
    通常版 2巻 723円(税込)
    九度山に隠棲する真田幸村と猿飛佐助・霧隠才蔵ほか勇士たちは、豊臣家存続のために服部半蔵をはじめとする強敵と闘いながら、真田紐の行商に見せかけて全国各地の大名の動向を探っていた。大阪城を攻め滅...
  • 真田十勇士(三) ああ! 輝け真田六連銭
    通常版 3巻 723円(税込)
    元和元年、大阪城に押し寄せる徳川二十数万の大軍。“真田丸”に集結した、穴山小助、猿飛佐助、霧隠才蔵、高野小天狗、筧十蔵、三好清海、由利鎌之助、呉羽自然坊、為三、そして大助。「この幸村に、生命を...

真田十勇士(一) 運命の星が生れた

Posted by ブクログ 2016年10月23日

真田十勇士(猿飛佐助、霧隠才蔵他)が、真田幸村の元に集まるまでの話で空想の忍術がSFチックで面白い。

このレビューは参考になりましたか?