※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

深夜に天空を見上げると、満天にきらめく無数の星々。
太陽系が属する天の川銀河には、おびただしい数の星が集まっているように見えますが、この宇宙を占める質量比からすると、なんと96%がダークマターとダークエネルギーで、残り4%が惑星や恒星だというのです。
この宇宙は暗黒物質で支配されており、この暗黒物質の中から1000億個といわれる銀河が生まれ、育つことがわかってきました。
ハッブル宇宙望遠鏡とすばる望遠鏡を使って、120億年以上も前の宇宙最深部を探る「コスモス計画」にも参画した著者が、暗黒宇宙を観測(!)した経験をもとに、この宇宙創生のドラマをやさしく解説します。

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
サイエンス・アイ新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2016年07月22日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

暗黒宇宙で銀河が生まれる ハッブル&すばる望遠鏡が見た137億年宇宙の真実

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年06月12日

[ 内容 ]
最新の観測技術と理論によって、この宇宙が生まれてきた姿がかなりのところまでわかってきました。
宇宙は、何もない真空のゆらぎから137億年もの時間をかけて星々を生み、銀河を育て、いまなお変化し続けています。
本書では、銀河の母体となる暗黒物質にフォーカスしつつ、この宇宙創生の壮大な物語を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?