自殺死体の叫び

自殺死体の叫び

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

青木ヶ原で白骨化した死体が語る真実、自殺死体の行方、首つり自殺の落とし穴、一酸化炭素中毒の恐怖、家族の苦渋、21世紀の検死システムなど、変死体解剖歴30数年の著者が自殺死体から読みとった事実を明かす!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2016年07月25日
サイズ(目安)
1MB

自殺死体の叫び のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月18日

    京大合格発表の日に淀屋橋で買って読んだ本。府立大から京大まで暇だったから・・・

    美しい死に方なんて、ひとつもない

    人は自然に生まれてくるのだから、死ぬときも自然でありたい

    自殺死体を数多く見つめ声を聞いてきた上野先生の言葉。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月07日

    交通事故死を上回る自殺死者数。「名所」である青木ヶ原樹海の話から始まる本書は、自殺者の無残な死に様を伝えてくれる。最後の章は自殺とは違う方向性の文章となり、少し違和感が……逆に文庫版あとがきは良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月12日

    政治が悪い、行政がだめだ、教育がなっていないなどと他人のせいにするのではなく、社会的最小単位は家庭なのだから、各家庭から一斉に出直さないと日本は立ち直れないのではないだろうか。人は無限の力を有しているのだから、やればできるのである。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    平成15.8.25 初版 476
    美しい森の中で大自然に帰るように死ぬ――という幻想が、人々を青木ヶ原に引き寄せる。しかし現実には、遺体を野ざらしにする死に方は、列車へ飛び込んだ轢死体と何ら変わりはないむごい姿をさらす。変死体解剖三十四年の経験をもつ著者が、樹海で白骨化した死体の語る真実、首つり自殺...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     これを読めば、いかに自殺したくなくなるのがよく分かります。
     こんなむごたらしい死に方をするぐらいなら、死ぬ物狂いで生きた方がまし、という感じですかね。

     上野さんはあくまでも自殺した死体を解剖した経験を踏まえて、自殺はいかに迷惑か、そうした社会背景などを書いて自殺を止めるよう、警鐘を鳴らす文で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月15日

     死体は美しいものではなく、リアルそのものであるよと。とつとつと語られるエッセイです。上野さんはとても有名ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月13日

    あまりに有名ですが、元監察医である法医学者のエッセイ。
    例えば樹海で何か薬を呑んで眠るように……なんて考えても、
    過剰服薬だけでは
    なかなか死ねるもんじゃなくて(普通、呑み過ぎたら吐くよ)
    意識朦朧としたまま凍死するとか、
    あるいはフラフラの状態で縊死に漕ぎ着けるとか、
    第二段階に到達しないと死は訪...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    コレを読めば自殺願望など失せる。
    自殺は決して美しくなどない。美化された自殺の現実を教えてくれます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    miti、この方の著書はほとんど拝読してるです。内容ほとんどみな一緒。
    監察医の方が自殺ってね、迷惑だし、死体がきったないの。とのこと。
    でも結局監察医の自画自賛です。って最近あたくし、辛辣だわ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています