絶対ナル孤独者《アイソレータ》1 ―咀嚼者 The Biter―

絶対ナル孤独者《アイソレータ》1 ―咀嚼者 The Biter―

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

二〇一九年八月。 地球上の、いくつかの都市部に、人類が初めて接触する地球外有機生命体が複数落下した。のちに《サードアイ》と呼ばれるその球体は、接触した人間たちに、現代科学では解明できない《力》を与えた。 ある者には、音さえ追い越す《速さ》を。ある者には、鋼さえ断ち切る《刃》を。そしてある者には、万物を噛み千切る《歯》を。 十七歳の少年、空木ミノルもその中の一人だった。彼がただ一つ望み、そして得た能力。 それは《孤独》。 絶対的な孤独を実現するその≪力≫は、しかしミノルを望まぬ戦いに巻き込んでいく。 平凡だが平穏な義姉との暮らし。そのひとときが壊されるとき、ミノルは絶対なる≪孤独者(アイソレータ)≫として覚醒する――!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2016年07月23日
サイズ(目安)
8MB

絶対ナル孤独者《アイソレータ》1 ―咀嚼者 The Biter― のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年07月15日

    宇宙から飛来した謎の生物?と融合して生まれた能力者達.
    で,悪い事する赤玉の宿主と
    悪い事する赤玉を退治する黒玉.

    この玉をサードアイ,
    赤玉をルビーアイ,黒玉をジェットアイって呼ぶんだけど
    赤が紅でルビーなのはよくわかるけど
    黒玉でジェットって宝石はわかりにくいな.
    あんまり知られてないイメージ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月09日

    異能バトル物。
    主人公ミノル君が一巻の内に凄く精神的に成長してて、今後どう化けていくのかってのが楽しみ。
    ヒロインちゃんもうちょっとヒロインして下さいw
    次巻はもっと絡むよね?

    赤と黒のサードアイの違いや敵側のドラマ等も今後の見どころの1つか。

    個人的には記憶操作の力持ってる『氷見』さんが気にな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月15日

    作者も後書きで書いてるけど、直球な異能ものですね。
    冒頭のワカバの知識が年齢と比較して異常なのは、何かの伏線なんですかね?あと、厚労省の体制発足がいくらなんでも早すぎな感じもしたりしますが、悪くはない話でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月28日

    読書前「礫め!稼ぎすぎだろ!生意気な!買ったけどな。」
    読書後「くそう、結構、面白かったよ。続きもよろしくm(__)m」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月15日

    心に傷をもつ主人公というとてもベタな展開ではある。空から降ってきた不思議生物を取り込んだ結果の異能バトルモノ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月10日

    なんか意外な感じと言いますか、他のAWとかSAOとはちょっと印象の違う作品でした。
    というか別の作家さん読んでる印象になってましたw

    120p過ぎても表紙のヒロイン出てこなかったり、出てきても言うほど出番ない感じだったり、結構表紙詐欺な作品ではありますが、個人的にはすごく楽しめました。

    正統派異...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月10日

    SAOやAWの作者の三つ目のシリーズは学園異能バトルもの。
    あれ? ネット世界じゃないよ!(笑)

    主人公の能力が絶対防御なのだけど、これって割とよくある相手の力をキャンセルする能力のいわば変形版。
    まあ、ひとつの型だよね。
    この能力でどんな戦いが展開されるのかに期待。

    後書きにもあるように、敵方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月04日

    地球上に地球外生命体が落下した。
    接触したものは特殊な力を宿した。
    悪に使うもの、善に使うもの。
    一般の高校生に宿った孤独という能力。
    少年の行動は…。
    SAO、AWの川原さんの新作。

    期待度が高かったこともあるけど、期待外れ。
    なんかの伏線が炸裂すると思ったけど、普通の異能バトルものだったな。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月23日

    川原礫の新シリーズ。ジャンル的には超能力バトルもの。
    これも、もともとネットで掲載していたのを手直ししたものらしい。
    話の筋も言っちゃ悪いが普通で、過去の事件以来、心を閉ざしていた主人公が

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年05月30日

    宇宙から飛来してきたサードアイに体を乗っ取られ、特殊能力が使えるようになった少年少女の異能バトルもの。

    全体的に大味で、よく言えば王道、悪く言えば目新しさのない異能バトルものである。作者曰くWeb公開版の作品の手直しらしいが、直しただけあって粗は少ないものの、ストーリーは習作らしい起伏のなさが目立...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

絶対ナル孤独者 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 絶対ナル孤独者《アイソレータ》1 ―咀嚼者 The Biter―
    二〇一九年八月。 地球上の、いくつかの都市部に、人類が初めて接触する地球外有機生命体が複数落下した。のちに《サードアイ》と呼ばれるその球体は、接触した人間たちに、現代科学では解明できない《力》を与えた。 ある者には、音さえ追い越す《速さ》を。ある者には、鋼さえ断ち切る《刃》を。そしてある者には、万物を噛み千切る《歯》を。 十七歳の少年、空木ミノルもその中の一人だった。彼がた...
  • 絶対ナル孤独者《アイソレータ》2 ―発火者 The Igniter―
    謎の地球外有機生命体に寄生された少年・空木ミノル。 彼は自身の能力≪孤独≫を武器に、人類の敵≪ルビーアイ≫にからくも勝利する。 その日、ミノルは≪加速者≫ユミコから、≪組織≫へ誘われる。組織の役割とは、人間に危害を加える≪ルビーアイ≫能力者の撲滅だった。共闘を依頼されたミノルは、加入するかわりに、あることを要求する。 それは、彼自身の≪存在≫の消去。 ミノルは、≪誰も自分のことを知らない...
  • 絶対ナル孤独者《アイソレータ》3 ―凝結者 The Trancer―
    「私は、≪特課≫の人たちが好き。お願い、ミノルさん。みんなを守って」 凶暴なルビーアイ二体を倒すことに成功した≪孤独者(アイソレータ)≫ことミノルは、同じような能力を持つ≪味方≫が集まる厚生労働省安全衛生部特別課――通称《特課》にスカウトされる。 ≪特課≫最強の能力者といわれる《屈折者(リフラクター)》小村スウとコンビを組んだミノルは、敵の隠れ家に侵入する作戦に挑む。そこで目撃したのは...
  • 絶対ナル孤独者《アイソレータ》4 ―刺撃者 The Stinger―
    敵組織《ルビーアイ》最強の能力者《リキダイザー》の罠に嵌まりながらも、絶体絶命の危機から脱出したミノル。しかしその代償として、《リフラクター》小村スウは瀕死の重傷を負ってしまう。《孤独者》のコードネームを冠するミノルは、以前は《みんなの記憶から消えてしまいたい》という願望を持っていたが、スウとの共闘、同級生・箕輪朋美との再開や、母親代わりの義姉・典江との交流によって、この世...
  • 絶対ナル孤独者《アイソレータ》5 ―液化者 The Liquidizer―
    正体不明のルビーアイ《刺撃者》。同じルビーアイにさえ牙をむく最凶の敵と、ミノルたち《特課》、そして《組織》の三つ巴の戦いは、熾烈なものとなった。  辛くも《刺撃者》を退け、組織のルビーアイ《凝結者》を捕獲したミノルだが、平穏な日常は未だ遠い。組織の重要人物、《液化者》が姿を現したのだ。 「トランサーを救出したい。彼が殺されてしまう前に」  彼女は《刺撃者》の情報と引き換えに、ミ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています