かわいい形をしていて誰にでも好かれるけれど、すぐに飽きられるイチゴのような女の子。でも、こんな自分になりたかったわけじゃないのに――。今の自分がどこか好きになれない、メーカー勤務の四人の女性たち。二十代後半の彼女たちが出会った、人生を変えるかもしれない恋愛と友情を描く連作短篇集。 解説・倉本さおり

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2016年06月17日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

フルーツパーラーにはない果物

Posted by ブクログ 2016年06月03日

表紙やあらすじをみると、よくある恋愛小説とか女の友情話に見える。
でもすごいリアルな葛藤ややるせなさが描かれている。
言葉選びや行間がとてもいい。何かに苦しんでる女性の力になる小説だった。
面白い!!

このレビューは参考になりましたか?

フルーツパーラーにはない果物

Posted by ブクログ 2016年05月15日

学生時代だったらきだと仲良くはならなかっただろう、という同性とも、社会人になったら否応なく付き合わなければならない。そのなかで、ここまでわかちあえる友達になれる相手がいれば、それはとても幸運なことだと思う。どの女性の話も共感できる部分がある。1番キュンとしたのは理系女子で、いまの自分に近く感じたのは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

フルーツパーラーにはない果物

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月18日

大手メーカーに勤務する、同期の女性4人。
それぞれタイプの違う彼女たち、四者四様の恋と生き方を描いた連作短編集。

第一話「イチゴになりたかったわけじゃない」
言い方悪いけど、イチゴ=量産型女子!って感じで、まさにありふれた話だった。
たしかに強烈な個性を持つ“マンゴー”には太刀打ちできないかもしれ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

フルーツパーラーにはない果物

Posted by ブクログ 2017年05月15日

自信がなくて、あと一歩を踏み出す勇気がなくて、女であることをこじらせているモリッチと桧野川には少しだけ共感できた。
真衣は…共感は出来ないけれど憎めない。
女の子としてはきっと真衣が一番正しいんだろうなと思える。
だけど、玲奈。彼女だけは、女というものはこうも醜くなれるものかとゾッとした。
すました...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

フルーツパーラーにはない果物

Posted by ブクログ 2016年06月05日

今の自分がどこか好きになれない、職場は同じだけれど性格も外見も全然違う二十代後半の四人の女性たち。
合コン女王、お笑いキャラ、理系女子、生粋のお嬢様。
「フルーツパーラーにはない果物はなんでしょう」という理系女子 桧野川が放った何気ない質問が、彼女たちの中に思わぬ波紋を広げ、一話ごとに一人ずつ自分の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?