寂聴生きる知恵 法句経を読む

寂聴生きる知恵 法句経を読む

作者名 :
通常価格 418円 (380円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

こんなに分かりやすいお経があったとは! 法句経は、釈迦が折にふれて口にされた話を、弟子たちが短い詩のかたちに書き起こした「釈迦のことばのエッセンス」。生と死、愛と欲に関するものをはじめ、57の詩を、リズミカルな寂聴訳で紹介し、私たちの身の周りの問題に当てはめて語る。生きてゆくための心のあり方を示す法話エッセイ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
200ページ
電子版発売日
2016年06月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

寂聴生きる知恵 法句経を読む のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年07月14日

    お坊さんのありがたいお言葉。
    漢学的な感じが仏教ではするが、
    それは中国からきたというだけで。
    もともとはインドでの生き死にが元にあるのだ。

    頭を丸めるということは出家するという意味なんだよな。
    おしゃれではなく、
    ましては反省なんかでもなく笑

    女性が頭を丸めるということはそれはもう尼さんになる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    怖い程に自分の現状(明らかな悪行だけではなく、怠惰であったり、貪る事なども含めて)を考え直せ、改めよ、と迫ってくるし、その言葉がストンと入ってくる、腑に落ちるのである。が、わかっちゃいるけど、変えられない。自分の平凡さを思い知らされた本。(2005.4.14)

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年11月26日

    本屋さんで目に留まり購入。仏教のこと、昔の教えを学びたかった上に、寂聴さんのことをもっと知りたかったので良いチャンスだと思った。
    「法句経(ほっくきょう)を読む」がサブテーマだ。
    お釈迦様とよく聞くけれど、本当の名前は釈尊・・・そして、本来はネパールヒマラヤの小さな国の王子として生まれたゴータマ。人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています