きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)

きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)

作者名 :
通常価格 640円 (税込)
紙の本 [参考] 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

作品内容

当代一の売れっ子脚本家が放つ、初の小説!

冬の白鳥だけが名物の東北の町で男子高に通う「僕」。ある日、ローカル番組で「おもしろ素人さん」を募集しているのを見つけた僕は、親友たちの名前を勝手に書いて応募し……。

解説・石田衣良

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年05月27日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2015年06月28日

ずっと気になっていた本が文春文庫の「夏の青春フェア」で売られていたのでついつい購入。
ていうかくどかん監督のドラマのDVDBOXが死ぬほど欲しくてさぁ!!でも高いから買うの迷っちゃってさぁ!!だからとりあえずこれ読んで心落ち着かせよう…って思ったんだけどおもしろすぎて心落ち着くどころか昂ったわ畜生。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月12日

青春群像劇の金字塔、ここに現れる。
郷愁と苦渋と恥辱にまみれた男が立ち上がる。
その名は、宮藤(みやふじ)。宮城の男。
自伝的恥小説で、内容は下ねたのオンパレードだが、
確実に同じものを見て、聞いて、読んだ世代には
ハートをずっきゅんと射抜かれる。
あまりにもハードすぎる下ねたに引く人も多いと思うし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月04日

どこからどこまでがフィクションか分からない、まるでエッセイのような小説。
クドカンが好きな人が読んだらハマるはず。
白鳥おじさんがどんどんどんどん気になっていって、
来るかな?
来るかな?
来たーーー!!
って登場を心待ちにするほど。
実際にいたらかなり遠巻きから見るけど。
これを読んだ人は、これか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月08日

白鳥おじさんがシュールすぎて、ものすごく笑った。
これほどまでに、映像化された時のイメージが浮かんだ本はない。笑

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月02日

年末に「あまちゃん」の総集編を見て、「木更津キャッツアイ」を放送してて、紅白では、クドカンが審査員でいて、あまちゃんコーナーがあり、ということで、新年の1冊目は、クドカンの小説。といっても、自分自身の私小説に近い。震災以前に書かれているが、地元(GMT)vs東京であったり、俳優や脚本や音楽などいろい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play