笑う赤おに

笑う赤おに

作者名 :
通常価格 1,496円 (1,360円+税)
紙の本 [参考] 1,870円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

高齢者福祉に力を注ぐA市。市民の三者――ネット掲示板が拠り所の主婦の依子、生活苦に喘ぐフリーターの亘、老後はシニアホームへの入居を考える会社員の賢太郎――は、それぞれの理由で福祉団地の住人に接触する。その団地の一室で、老女と中年男性の遺体が見つかった。巧妙な仕掛けと意外な事実に驚愕必至の長編ミステリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
双葉社
電子版発売日
2016年05月10日
紙の本の発売
2016年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

笑う赤おに のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年08月06日

    これは本当にもう、とてもとてもずるい小説だ。最後の最後に自分の醜さを実感させられる。人間て、なんて弱いの。ある一面で全て分かった気になって。自分勝手に善と悪と区別して。よく書いてあったもんね、「何も見えていないあなたに、見せてあげるって」それってもうまんま読者のことだったのね。つらいつらい。こんな辛...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月09日

    生活保護や高齢者問題等の社会問題を内包したミステリ。そりゃあ不正受給は許せないと思います。ある意味の「正義」に燃える人たちの思いも、分からないではありません。だけど……。
    本当に。なぁんにも見えていませんでした。
    当事者でなくては、いや、それどころか当事者であってすら、見えていないことって決して少な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月13日

    ミステリーという帯を付けないほうがよかったのに……と惜しまれます。
    出版社側が「ミステリー」を謳う帯をつけてしまうと、ミステリーファンしか手に取らなくなり、「小説として面白いか」ではなく「謎解きが優れているか」の基準で評価されるのです。
    手練のミステリー読みが本作を「謎解きもの」として評価する場合、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月11日

    あらゆる感想を拒絶するかのような小説。「面白かった」とコメントすれば、弱者の実情を「娯楽の道具」として楽しんだのかと責められるかのようで。「つまらなかった」であれば、弱者の実情は「面白くない」ことなのかと責められるかのよう。いずれの感想を抱いても罪悪感。
    ただ、妙な物悲しさが薄く後を引く。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月10日

    疎外されることがどんなに辛いか、「鬼女」(個人情報を調べあげてネット掲示板に晒す集団)がどれだけ怖いかを知っている、元いじめられっ子の主婦。
    理不尽な格差社会のなか、底辺一歩手前の人生がいかに惨めかを知っている、若いフリーター。
    わが子に虐待される老人の増加を案じ、自分も将来息子に虐待されるのではな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月22日

    「幸せすぎるおんなたち」に続き2作目の雀野さん作品。やはり「世間」に対するアイロニーというか、ブラックユーモア的視点の描写がものすごい勢いで綴られる。なかなか表に出ない生活保護制度の悪用の実態、またそれを成敗して自分のうっ憤を晴らそうとする人間の脆さや弱さ。夫婦、家族、子育て、ママ友カースト、介護等...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月12日

    年金財政の破綻、生活保護不正受給、医療、介護費用の問題など、社会保障に係る諸問題を背景にしたミステリー。ブログや介護用ロボットなど、最近の流れやアイテムも盛り込み斬新な感じに仕上がっている。福祉団地の住民が引き起こしていると思われる不正、虐待、こどもをターゲットにした事件に対し、自らの境遇と比べ憤懣...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月05日

    高齢者福祉に力を注ぐA市が舞台のミステリー。「巧妙な仕掛けと意外な事実に驚愕必至の長編ミステリー」とありますが、終盤の種明かし部分が余りにもあからさますぎて驚愕以前に興ざめです。読者はそこまでバカではありません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月25日

    福祉と治安に力を入れるA市に住む、ネット依存の主婦、依子、フリーターの亘、会社員の賢太郎。K町エリアにある福祉団地から、良からぬ噂が流れてくる。問題を抱えた住人もいるらしい。
    ラスト、全てが明らかになっても、どこか淋しくて切ない気持ちになる。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年12月19日

    評価は3.

    内容(BOOKデーターベース)
    福祉団地内の「死」と3人の人物がとった行動の、予想だにしない因果とは―!?視界がぐらりと揺らぐような、衝撃のラスト。やるせなさと一筋の希望が胸に宿る、長編ミステリー!

    う~ん。前半は面白くてどんどん読み進められたが、最後はえっ?結局主婦も会社員も思い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています