僕から君へ 羅川真里茂傑作集
  • 完結

僕から君へ 羅川真里茂傑作集

作者名 :
通常価格 571円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※BookLive!Reader Lideoでご覧になる際には、PCやスマートフォンのカラー液晶と表示イメージが異なる場合があります。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

冬のある日、夏己が死んだ──ひろむは15年前、彼と出会った日のことを思い出す…。24歳で逝った友とのかけがえのない日々を回想する感動作『僕から君へ』他、少年たちの美しく懐かしい田舎での日々を描いた『東京少年物語』、ほろ苦い青春ストーリー『がんばってや』を収録!(『東京少年物語』『がんばってや』はコミックス「東京少年物語」にも収録されています。)

ジャンル
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
メロディ
ページ数
283ページ
電子版発売日
2016年04月29日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「僕から君へ 羅川真里茂傑作集」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年10月25日

神漫画家・羅川真里茂の傑作集。

「赤ちゃんと僕」で大ブレイクした羅川真里茂は
何を書いても泣ける。

傑作集、ということで、
昔の短編をいくつかまとめたものだが、
こういうのはマニアにはありがたい。

昔なのであとがきにあるように絵はアレだが、
この人の、人情を全面に押し出す画風は大好きだ。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2006年06月17日

疲れた時に読んで欲しい一冊。子供頃の思い出や新しく人間関係を築く姿が初々しい。そして切なくも心温まる物語。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月04日

「地方」がキーワードかな。
どれもよかった。

表題作はもちろん、地方出身者の方言コンプレックスの話がよかったなー。
すっごーく胸に迫るカンジが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月25日

夏己の死をやっと実感したときのつとむの
僕はいったい何を失ったんだろう?
という台詞が印象的。
誰かの死って、よっぽど近しくない限り生活を劇的に変えたりしない。けれど胸に穴が空くようなあの感覚は、いったい何なのだろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月15日

短編集。

作者である羅川さん曰く、「田舎4部作」の内3部作品を収録している文庫本です。

疎遠になりがちだった友人の死亡連絡から始まる表題である「僕から君へ」。
都会から田舎へ、家庭の事情から引越して様々な事を考え、成長していく「東京少年物語」。
田舎から都会へ、出てきた学生がコンプレックスを抱え...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,491

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!