マノン・レスコー

マノン・レスコー

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
紙の本 [参考] 605円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

自分を死ぬほど愛している純情な貴公子デ・グリュウに、賭博、詐欺などの破廉恥な罪を重ねさせながら、自らは不貞と浪費のかぎりを尽し、しかもなお、汚れを知らぬ少女のように可憐な娼婦マノン。プレヴォーはその美しく多情な姿を創造して、永遠の女性像に新しいタイプを加えた。今日においてもなおみずみずしさを失わない18世紀フランスロマン主義文学の不朽の名作である。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2016年04月22日
紙の本の発売
1956年10月
サイズ(目安)
1MB

マノン・レスコー のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年11月18日

    「宿命の女」、マノン・レスコー。
    マノンの言動よりも、グリューの甲斐性のなさにイライラ。
    自分で働いてお金を稼ぐことは考えずに、借金、賭博、詐欺。更には殺人までやってのける。もう凄まじい転落人生です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月26日

    この物語に欠かせないものとして激賞されるのは、マノンだろう。でも、私が泣かされたのは、主人公の友人、チベルジュだ。彼の主人公を大切にする気持ちには、参ってしまう。また、この物語はページの残量が極少になっても、まだ話が大きく展開していくため、最後まで目が離せない。デュマ・フィスの「椿姫」はこの物語をど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月29日

    主人公デ・グリュウはおバカだ、友人チベルジュはいい人だ、マノンもおバカだ……そう思い、つっこみを入れつつも、だんだんとデ・グリュウに同情し、同調し、マノンに魅力を感じるようになってしまいました。最後に死んでしまうからでしょうか。まあ、もし何だかんだで生き続けたら、たぶんつまらない話だったはず。
    しか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月02日

    まるでブランデーのように舌の上で熱く甘く溶け喉を熱く焼き焦がす。
    マノンは悪女だけれど愛さずにはいられない。
    永劫の罰が待っていても束の間の幸福を求めずにはいられない。エロスは人間にとって最大の苦しみだ。

    同一神のはずだが、アラーのほうが慈悲深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月07日

    一言で言うと

    「空気の読めないバカ女のせいで一人のボンボンが転落していく話」

    である。

    正直この運がいいだけで常に自分の生まれの良さと優秀さを
    鼻にかけるだけで何も考えていない主人公が
    ただバカ女に振り回されているだけの話である。

    これが一時期はフランスで「恋愛文学の最高峰!」とか
    「この物...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月19日

    私が持っている新潮文庫版、同じ青柳瑞穂訳ですが、昭和56年36刷。アベ・プレヴォーって筆名(通り名?)は、Abbe(僧侶) Prevost だったんだ、何も知らずに読んでるものだなぁ、おそろし。男(とその人生)を破滅させる女の代名詞のようなマノン・レスコー(昔むかしのわが国の流行歌の歌詞にもあったよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月24日

    騎士グリューの追い求める姿は、痛々しいが、なんかわかる気がします。最近、マノンに似た女性が割と身近にいて、驚きました。現実は小説より奇なりとはよく言ったものです。個人的にはタイムリーでした!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月17日

    フランス文学の傑作小説。
    美少女マノンを愛してしまった青年グリュウの物語。
    二人の破滅的な恋愛模様が描かれ、最後には遠いアメリカの地でマノンが死に、グリュウは一般人としての生気を取り戻す。
    ファムファタール。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月17日

    青年グリュウは美少女レスコーに一目ぼれをし駆け落ち。男たちの嫉妬に2人は追い詰められ、彼女自身も欲望に忠実だったことからアメリカ追放への一途を辿り、さらにその先にも破滅への道は続く。

    オペラやバレエ等で長く人々に愛されている作品なので読んでおきたく。「ファム・ファタール(男たちを破滅させる女)」を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月17日

    マノンはいったいどれだけの魅力のある女性なのだろう。
    彼女の真意はどこにあったのだろう。
    彼女は悲しい?最後を迎えるが、それよりもグリュウが最期死ななかったのがなんとも言えなかった。
    彼の馬鹿さ加減には呆れてしまう。笑

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング