かぐら文具店の不可思議な日常

かぐら文具店の不可思議な日常

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 594円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

友人たちの進路が決まっていくなか、就職先が決まらない璃子。そんなとき近所の文具店で、一風変わった青年・遥人と知り合うが、なぜか彼の周りにいる奇妙なモノが見えるようになってしまう。訳がわからないまま、行方不明の父が残した万年筆に合うインクを探してもらうことに。遙人の祖母からは嫁扱いされつつ「かぐら文具店」で働くことになった璃子だったが…?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2016年04月15日
紙の本の発売
2016年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

かぐら文具店の不可思議な日常 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年11月24日

    文具店で働くことになった女の子のお話。恋愛ものかと思うが、そこまで進んでない感じがする。
    2021/11/24

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月06日

    いなくなった父親、就職できない自分。
    なかなかにハードな状況ですが、文具屋の店主によって
    色々といい方向へ?

    連続短編集で、最初は父親の万年筆について。
    2話目は火災によって別々に暮らしている夫婦。
    最後は、行方不明になっていた父親について。

    子供の嘘は、どうしてばれてしまうのでしょう?
    それほ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月07日

    【収録作品】第一話 思い出の万年筆/第二話 封筒のなかの真実/第三話 短冊に願いを込めて
     雰囲気はいいが、既読感がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月30日

    設定だけではなかなか
    入り込めないものですね。
    その設定も少し怪しいなあ。

    さらさら読めたのですが
    本当に時間潰しになっただけかも。

    もののけとか使い魔とか式神とかを
    出すのなら もっと統一感のある設定が
    ほしいです。

    出てくる名前はいわゆる妖怪たちで
    なんだか違和感を感じました。

    まし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年07月04日

    父が行方不明になり、就職活動も失敗し、すっかり自信をなくしていた璃子の再生の物語。
    二人の関係にじれじれしたり、もののけがらみの事件とさらっと読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社オレンジ文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング