かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 1

青年マンガ3位

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 1

作者名 :
通常価格 527円 (税込)
紙の本 [参考] 555円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「恋愛は告白した方が負けなのである!」 家柄も人柄も良し!! 将来を期待された秀才が集う秀知院学園!! その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!! プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、“如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまった!? 恋愛は成就するまでが楽しい!! 新感覚“頭脳戦”ラブコメ、開戦!!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ミラクルジャンプ
ページ数
213ページ
電子版発売日
2016年04月19日
紙の本の発売
2016年03月
コンテンツ形式
EPUB
  • アニメ化

    「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」

    2019年1月12日~ MBSほか
    声の出演:古賀葵、古川慎、小原好美

新刊オート購入

書店員のおすすめ

秀才が集う名門校、秀知院学園、そんな名門校の頂点たる生徒会で出会った二人、生徒会長の白銀御行と副会長の四宮かぐや。そんな二人の目的はただ一つ!相手に告白させること!
意地とプライドをかけた、真剣な対決をする二人を中心に生徒会のメンバーが織りなすラブコメは、とどまるところを知りません。どちらかが告白すればすぐに幸せな世界が待っているのに、プライドが邪魔をして告白できない。傍からみればやきもきするところですが、告白できないからこそこんな面白い日常があるのかと思うと、ずっとこの世界が続いていればいいと思ってしまいます。
もちろん、面白いのは主人公二人だけではありません。書記の藤原千花をはじめとして、出てくるメンバーは皆個性あふれる人たちばかり。読み進めていくにつれ一人ひとりの個性が出てくるので、夢中で読み進めてしまいます。
そんな面白さが詰まったこの「かぐや様は告らせたい」ぜひ読んでみてください。

ネタバレ

止まらない面白さ!

司馬 2017年12月17日

お互いに好き合っているのに、立場と性格からか、いかに相手に告らせるのかへと思考がシフトしてしまう2人のやり取りが面白くて続きを読むことが止まりません。今までになかった、付き合うまでを斬新な視点で描く、高スペックな頭脳を駆使した恋愛心理戦と、そんなことを全く気づかずに、一般常識の視点から突っ込んでくる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月04日

全く新しい形のラブコメです。デスノート版ラブコメというレビューがありましたがなかなか良いたとえ(あんなに天才な駆け引きないけど)。キレッキレなギャグだけでなく、キャラも非常に良い。2018年で読んだ漫画では最もクオリティが高いように思いました。お弁当の回のかぐや様の顔と暴言っぷりが最高です。「人の形...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

IQが下がるかぐや様が可愛い

レオンハルト 2017年12月17日

天才達の恋愛頭脳戦と銘打っていますが、回を追うごとに登場人物がアホになっていくお話です。しかし、それに反比例してヒロインであるかぐや様の可愛さはどんどん上昇していくので、一度ハマったらあっという間に読み終えてしまいます。

また、恋愛描写だけでなくギャグパートも面白いので、コメディ作品として...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

キレッキレの愛応酬

ルクス 2017年12月17日

個性派揃いの生徒会で繰り広げられるキレッキレのギャグ展開。時折混ざるシリアスさは、次話待ち受けるギャグの布石かも!? 巻を重ねても衰えない笑いは見事の一言。でも一応、主軸は恋愛。そう、恋愛なのです。恋愛漫画ってこんなに面白かったっけ? 笑えるんだったっけ? もはや恋愛感情そのものが面白要素。笑いたい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

自分の若いころを思い出す

ゆん 2017年12月17日

自分もこんな風に考えていたことあったなあ、なんて学生時代の自分を思い出しながら楽しむことが出来ています。恋愛って、のめり込み過ぎてしまうと、次から次へといろんな感情や思いがこみ上げてきて、純粋に好きだと思えなくなってしまうんですよね。時には恋愛を勝ち負けで判断してしまったりなんかして・・。とまあ、そ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています