真田昌幸

真田昌幸

作者名 :
通常価格 611円 (556円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

武田信玄がその才を見抜き「わが両眼の如く」と認めた戦国随一の智謀の将は、武田滅亡後、信濃の一武将でありながら常にその動静が注目される存在となる。誰よりも強く天下を渇望し、死してなお家康を畏怖させた男の波乱の生涯。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
学研
ページ数
376ページ
電子版発売日
2016年03月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

真田昌幸 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    幸村のお父さん。 おもしろかったですよー。江宮さんの書く、真田親子は好きなので、うふふー、でしたよ。 初陣から最後の上田城攻防まで、武略、戦略を尽くしての戦いが描かれてました。 上田城攻防のあとは、大阪の陣あたりまですっとばしてたので、九度山でどんなだったかー、は、わかんなかったですが、死ぬ間際の、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    武田信玄をして「わが両目の如く」と認められ、豊臣秀吉に「表裏比興の者」と危険視され、徳川家康を震え上がらせた男・真田昌幸。
    信玄の小姓として頭角を現し、薫陶を受けた昌幸。武田家滅亡後、信濃の片田舎の一将に過ぎなかった昌幸は、持ち前の頭脳と忍びの集団を駆使し、幾たびの困難を切り抜け、やがて徳川家に恐れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています