雨柳堂夢咄 其ノ十六

雨柳堂夢咄 其ノ十六

作者名 :
通常価格 759円 (690円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

骨董屋・雨柳堂に集まる、いわくつきの品々。それらに宿る声ならぬ“想い”に耳を傾け、器物と人の間に秘められたさまざまな物語を解き明かすのは、店主の孫息子・蓮。ロングセラーの大人気アンティークロマンシリーズ!

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
Nemuki+
ページ数
234ページ
電子版発売日
2016年05月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
123MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

大切に使われた物、なにがしかの曰くのある物、それらから湧き出す「想い」を見て感じ取れる骨董屋の少年・蓮。
はからずもその「想い」を叶えるべく奔走する蓮の日常が描かれています。
物語すべてがほんの少しの恐れと幻のような危うさで、知らず知らずに引き込まれていきます。その「想い」は美しい妖の姿だったり可愛らしい童の姿だったり、恐ろしい神だったり……、人の想いと物の想いが交差し織りなすストーリー。
あなたも美しく独特の世界観に酔いしれる、そんな不思議を体感してみませんか。

雨柳堂夢咄 其ノ十六 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年04月02日

    波津さんの作品では、やっぱりこの雨柳堂が一番好きです。今回も読み終わるのが惜しくて、ゆっくりゆっくり読んでいきました。低空飛行でいいので、ずっと続けて欲しいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月11日

    どの話も後味が違って、面白かった。
    一冊で8つも話があるのに、似たり寄ったりにならないのが不思議。

    仙境にて
    おくりもの
    なかきよのとおのねふりの
    早蕨のころ
    神功皇后
    夏の風邪おくり
    乙女の祈り
    怪を語れば

    このレビューは参考になりましたか?

雨柳堂夢咄 のシリーズ作品 1~17巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~17件目 / 17件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています