さらば東京タワー

さらば東京タワー

作者名 :
通常価格 600円 (546円+税)
紙の本 [参考] 605円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

表題作「さらば、東京タワー」では、東京スカイツリーに日本一の座を譲り、零落した東京タワーを慰問、併設された水族館と蝋人形館にギョッとする。ある時は「ロボット掃除機ルンバを雇う」ことで自らの上司力のなさを思い知り、「相田みつを大研究」では、鋭い視点で真摯に文体分析、大爆笑を誘う。ひたすら缶詰商品で酒宴を楽しむ「缶詰フルコースの宴」に、もしマッカーサーが買い物籠を下げて日本に降り立ったら……と“鞄と威厳”を見事に論じる「鞄の哀れ」。鹿島茂氏との下ネタ対談「ふれあいたい!」では、昭和平成風俗の変遷を語り合い、必読。ショージ君、漫画とエッセイはいまもバリバリ現役、脱力を旨としながら、冴え渡っています。 文庫解説/井上章一

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2016年02月12日
紙の本の発売
2016年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

さらば東京タワー のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年11月20日

    もうずい分お年なのに、このセンスは何だ!
    頭に粉をふりかける話とか、天ぷらコースの話とか、もう声が出るほどの面白さ。この人はいつ衰えるんだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月03日

    丸かじりシリーズと異なり、食べ物以外の話題も取り上げられていて読んでいて楽しかった。もちろん食べ物の話題も面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています