警視庁公安J マークスマン

警視庁公安J マークスマン

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

警視庁公安総務課庶務係分室、通称「J分室」。類稀(たぐいまれ)なる身体能力、海外で傭兵として活動したことによる豊富な経験、莫大な財産を持つ小日向純也が率いる公安の特別室である。ある日、警視庁公安部部長・長島に美貌のドイツ駐在武官が自衛隊観閲式への同行を要請する。式のさなか狙撃事件が起き、長島が凶弾に倒れた。犯人の狙いは駐在武官の機転で難を逃れた総理大臣だったのか……。

ジャンル
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
400ページ
電子版発売日
2016年05月06日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

警視庁公安J マークスマン のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月11日

    あいかわらず面白い。あいかわらずスーパーな作品だ。少しこのシリーズのパターンが見えてきた。後半の最後の部分で、大どんでん返し的に、裏切りと言うか真犯人と言うかが現れるパターンだ。しかも身近な人が。前作では、それが、同じ分室の女性社員の新井里美だったが、今回はドイツからの女性武官エレナだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月06日

    前作ではイイ人的な印象のダニエルさんだったが、そんな単純じゃないぜ、と。案外、彼が「真の敵」な存在になるのかな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月05日

    鈴峯紅也『マークスマン 警視庁公安J』徳間文庫。

    読み始めたのはこのシリーズ第2弾からなのだが、特に違和感も無くすんなり入り込めた。冒頭に警視庁『公安J』発足の経緯と小日向純也の稀有なる過去が巧く描かれているのが、その理由だろう。冒険小説の色合いが強い警察小説であり、好みである。

    公安が登場する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月10日

    シリーズ2作目。
    1作目で魅力的な主人公に惹きつけられてシリーズ読み進めると誓って楽しみに読んだ。スケールの大きな現実離れした内容にはなかなか馴染めないけれど娯楽として楽しめる。登場人物の関係など忘れてる部分もありなかなか内容に入り込めなかったり、行間を読まなくては理解が難しかったり…それでも終盤に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

警視庁公安J のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 警視庁公安J
    814円(税込)
    幼少時に海外でテロに巻き込まれ傭兵部隊に拾われたことで、非常時における冷静さ残酷さ、常人離れした危機回避能力を得た小日向純也。現在、彼は警察庁のキャリアとしての道を歩んでいた。ある日、内偵していた木内夕佳が、純也との逢瀬の直後、車ごと爆殺されてしまう。背後にちらつくのは新興宗教〈天敬会〉と女性斡旋業〈カフェ〉。真相を探ろうと奔走する純也だったが、事態は思わぬ方向へ……。
  • 警視庁公安J マークスマン
    警視庁公安総務課庶務係分室、通称「J分室」。類稀(たぐいまれ)なる身体能力、海外で傭兵として活動したことによる豊富な経験、莫大な財産を持つ小日向純也が率いる公安の特別室である。ある日、警視庁公安部部長・長島に美貌のドイツ駐在武官が自衛隊観閲式への同行を要請する。式のさなか狙撃事件が起き、長島が凶弾に倒れた。犯人の狙いは駐在武官の機転で難を逃れた総理大臣だったのか……。
  • 警視庁公安J ブラックチェイン
    中国には困窮や一人っ子政策により戸籍を持たない、この世には存在しないはずの子供〈黒孩子(ヘイハイツ)〉がいる。多くの子は成人になることなく命の火を消すが、一部、兵士として英才教育を施され日本に送り込まれた男たちがいた。組織の名はブラックチェイン。人身・臓器売買、密輸、暗殺と金のために犯罪をおかすシンジケートである。キャリア公安捜査官・小日向純也が巨悪組織壊滅へと乗り出す!
  • 警視庁公安J オリエンタル・ゲリラ
    エリート公安捜査官・小日向純也の目の前で自爆テロ事件が起きた。犯人はスペイン語とおぼしき言葉を残すものの、意味は不明。ダイイングメッセージだけを頼りに捜査を開始した純也だったが、要人を狙う第二、第三の自爆テロへと発展してしまう。さらには犯人との繋がりに総理大臣である父の名前が浮上して…。1970年代当時の学生運動による遺恨が、今、日本をかつてない混乱に陥れる!
  • 警視庁公安J シャドウ・ドクター
    全米を震撼させた連続殺人鬼、シャドウ・ドクター。日本に上陸したとの情報を得たFBI特別捜査官ミシェル・フォスターは、エリート公安捜査官・小日向純也に捜査の全面協力を要請する。だが、相手は一切姿を見せず、捜査は一向に進まない。殺人鬼の魔手が忍び寄る中、純也とシャドウ・ドクターの意外な繋がりが明らかになり……。純也が最強の敵と対峙する! 大人気シリーズ第五弾!
  • 警視庁公安J ダブルジェイ
    6/5入荷
    大重版 人気シリーズ最新刊! 謎多き公安捜査官・純也の過去がついに暴かれる! 外務省の役人が殺された。プロの犯行だった。極秘に捜査するエリート公安捜査官の小日向純也は、被害者の上司の不審死を知る。二人は、自衛隊の南スーダン派遣に関わっていた。そこが事件の真相に迫る鍵なのか。純也が事件を深追いすると、自身の出自が記載された国家機密でもある通称・Jファイルが、他にも存在していると知...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています