バッテリーウォーズ 次世代電池開発競争の最前線

バッテリーウォーズ 次世代電池開発競争の最前線

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

スマートフォン、電気自動車のキーデバイス「リチウムイオン電池」をめぐり激化する開発競争をリアルに活写する、全世界注目のノンフィクション!

電池競争は最初から見当違いだったと言う者さえいる。経済と技術にまつわる期待や諸般の事情のめぐり合わせによって、多くの国が幻の戦果を追い求めたが、
それは追う者の手の中で消え失せた。今よりすぐれた電池と電気自動車が本当に必要な時代が到来すれば、それらはすぐさま普及するだろうと。
・・・しかし、そのような時代はまだ訪れていない。(本文より)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
日経BP
ページ数
420ページ
電子版発売日
2015年12月18日
紙の本の発売
2015年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

バッテリーウォーズ 次世代電池開発競争の最前線 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年12月17日

    次世代エネルギーを巡る熱い戦い。
    化石燃料からの脱却を視野にいれ、電気自動車のシェア争いなども絡む。

    アメリカの視点で見ると日本は研究の商業化が上手いらしい。
    国立研究所は基礎研究ばかり重んじている。
    新しい発見ばかりありがたがって、過去の改良は軽蔑して見る。
    研究者は概して起業精神がなく、失敗を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月22日

    アメリカのLiB開発の話。細かいところは分からないところも多く、カタカナを覚えられないこともあり、スムーズには読めなかったが、自国・他国へのステレオタイプの差など面白かった。日本を愛する普通の日本人としては、日本は知財を守る側侵害される側という認識だが、まったくそんなこともなく。一方のアメリカのアメ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月09日

    シカゴ近郊のアルゴンヌ国立研究所のバッテリー・ガイたち。電池のスタートアップ企業園ビアの歩み。モバイル機器、電気自動車とともに重要度が増す電池開発競争。

    進んでいる日本の遅れている米国とか、外国人研究者家族が日本で暮らす困難とか、さりげに出てくる日本の描写が、新鮮でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月23日

    超絶読みにくい。電池産業と電気自動車に興味があればお読みください。
    しかし米国の電池産業では、日本は技術泥棒で韓国はパートナー扱いなのね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

バッテリーウォーズ に関連する特集・キャンペーン