地方創生 実現ハンドブック 人や仕事が増え、地方が元気になる処方箋

地方創生 実現ハンドブック 人や仕事が増え、地方が元気になる処方箋

作者名 :
通常価格 3,850円 (3,500円+税)
獲得ポイント

19pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人や仕事が増え、地方が元気になる処方箋
「まち」に活力を取り戻す「地方版総合戦略」に携わる 自治体担当者は必携

 製造業の海外進出が定着し、地方が工場を誘致して地元に活気を生み出すのは難しくなりました。地方を元気にするには、地方が自ら産業を育て、人が集まる環境を作り出す「地方創生」が重要になっています。
 国の戦略に沿い、2016年3月末までに全国の自治体は、地方創生のための総合戦略を策定することが求められています。本書では、全国各地を取材し、地方創生の成功事例17件、地方で新たな産業を生み出す核となるベンチャー企業、地方有力企業の情報690社分を掲載し、総合戦略の策定を後押しします。
 これからは、東京のまねをしても、地方は元気になりません。地元の魅力的な人、観光資源、伝統工芸などに着目したり、地方ならではの課題解決を考えたりして、その地方ならではの産業を育てていくことが重要になっています。そこでは、ベンチャー企業や地方有力企業の小回りのよさが効果を発揮します。地方に眠っていた人や資源をうまく結びつけ、「まち」に活気を生み出すベンチャー企業や地方の有力企業が活躍を始めている現場をきめ細かく取材して紹介しています。
 地元を元気にしたい自治体関係者、地方企業経営者、まちおこしに取り組むNPOの方などに役立つヒントが満載の1冊です。

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
296ページ
電子版発売日
2015年12月04日
紙の本の発売
2015年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
84MB

    Posted by ブクログ 2019年01月11日

    「地方創生」って、テレビや新聞では良く聞くけど、具体的なに?

    と思いこの本を読みました。
    地方が都会にはない少しの魅力をアイデアを活用し大きな魅力に変える様は読んでいて爽快でした。


    また、本作の後半では地方創生の今後についてのヒントも書かれていたため、ここで得た知識と自分のアイデアで新たな「地...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月13日

    成功例は個別事象、失敗例は共通事象なのだが、成功例しかのっていない。また本の半分は企業の名簿である。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています