意味がなければスイングはない

意味がなければスイングはない

作者名 :
通常価格 611円 (556円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

音楽は書物と同じくらい人生にとって重要なものという村上春樹が、シューベルトからスタン・ゲッツ、ブルース・スプリングスティーン、Jポップのスガシカオまで、すべての音楽シーンから選りすぐった十一人の名曲を、磨き抜かれた文章とあふれるばかりの愛情を持って語りつくした、初の本格的音楽エッセイ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2015年11月21日
紙の本の発売
2008年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

意味がなければスイングはない のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年08月21日

    スガシカオ論は卓越した日本文化批判になっている。Jポップの歌詞とマスメディアの使う文体を同一に並べ、それらは内輪だけで通用する制度言語であり、互いに馴れ合い、もたれあっている、という洞察は、日頃からメディアの紋切り型論調にイライラさせられてきた者にとって、まさに我が意を得たりである。その一方で、こん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月25日

    お世話になった人が一時期コーヒーマスターをしていたカフェ。そこのカウンターでこれを薦められた記憶がある。人に勧められた思い出は、その本の内容といっしょになって、残っていくことになる。そういうことを、大事にしたいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月15日

    音楽って言葉でこんなにもうまく表せるのかと思った。
    この本読んでスガシカオ聴くようになった。
    良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月05日

    再読。J-POPをひとくくりに「リズムのある歌謡曲」と定義してしまうことに反発を覚えたのは数年前。久しぶりに読み返すと、あの時さらーっと読み流してしまったいくつかの評論が胸に迫ってきた。知っている音楽は、自分の知識や想いと照らし合わせて読む楽しさがあるし、知らない音楽は、先導される幸福感と、これから...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月26日

    音楽業界紙の音楽評論よりも,面白い。

    取り上げられているアーティストを知らなくても,楽しめる内容。
    知っていれば尚更に,視座や感受性を広げてくれる。


    なるべく対象を公正に,正確に,音楽(とそこから感じ,考えたこと)を表現しようと気を配っている所がとても好感がもてたし,対象との距離の取り方に信頼...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月10日

    シダー・ウォルトンを最初にもってくることをはじめ、取り上げたミュージシャン・作曲家がいかにも村上春樹氏らしい。

    本人が「あとがき」に書いているように、多少の偏りがあるのかもしれないが、そもそもこの手のものでは「偏りが無い」ものを書く必要はないのだから、これで良いのではないか。

    村上春樹氏は、キー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月27日

    村上春樹における音楽論。短編集みたいな構成で、短編1つに一人(または二人)に焦点を当てて、村上春樹自身の個人体験(コンサートに行った、CDを聞き比べた等)を軸に音楽論(主にジャズ論)を語る、という構成の本。掲載されている人は聞いたことが無い人が殆どなんだけど、村上さんの独特の切り口の論を読むと、その...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月04日

     オーディオ専門誌「ステレオサウンド」に掲載された音楽に関するエッセイをまとめたもの。
     対象となっているのは、ブルース・スプリングスティーン、ブライアン・ウィルソン、ウィントン・マルサリス、スタン・ゲッツ、フランシス・プーランク、シューベルト、スガシカオ等々。
     これらの音楽を村上春樹氏がどの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月07日

    この本は音楽について書かれたエッセイを集めた一冊だ。
    その冒頭の一遍はビーチ・ボーイズ、特にバンドのリーダーであった
    ブライアン・ウィルソンについて書いてある文章だ。

    ブライアン・ウィルソンという人は矛盾とミスマッチを抱えている。
    彼自身が作り上げたビーチ・ボーイズは
    アメリカのイノセンスを象徴す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月09日

    最近は聴き放題サイトが便利なので、AppleMusicで紹介されている音楽を聴きながら読んだ。これがとてもおもしろい遊びでした。ポートレートインジャズではひとつひとつの紹介が短すぎてあまりその音楽を味わえなかったけど、これは読み応え&聴き応えありです。
    まあ、昔からアメリカンポップス・ロック好きとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています