知らないとヤバい! 新「領収書・経費精算」の常識

知らないとヤバい! 新「領収書・経費精算」の常識

作者名 :
通常価格 579円 (527円+税)
紙の本 [参考] 638円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「お品代って何を購入したものですか」「この飲食代の参加人数は何人ですか」などの経理からの電話に、疑われたような気分になった人は多くいるだろう。実は、品目や人数によって支払う法人税が大きく変わるため、経理はわざわざ確認しているのだ。職種によっては毎日のように行う領収書の処理や経費精算。これらの経理処理は、直接、会社の決算書に反映されている。しかし、どのように反映されているかを知るビジネスマンは少ないだろう。本書では、「支払った金額の一部だけ領収書をもらうのはダメ?」「クレジットカードの利用明細は領収書代わりになる?」「半年前の領収書でも精算できる?」「なぜ、取引先との飲食代は、一人あたり5000円までなの?」など、いまさら聞けない領収書・経費精算の素朴な疑問から、会社員が得する税金控除まで、使える知識が満載の一冊。2015年度税制改正対応の最新版。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2015年10月30日
紙の本の発売
2015年06月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
17MB

知らないとヤバい! 新「領収書・経費精算」の常識 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年04月07日

    ・手書きの領収書ではなく、レシートでも認められる?
    ・領収書の宛名は空白でも認められる?
    ・お店の印鑑が押されていない領収書は無効?
    などなど、どれがセーフでどれがアウトかが具体的に書かれている。

    経理担当は多分知っていることばかりだと思うので、営業マンにオススメ。
    「なんで経理の人はあんなに細か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

PHP文庫 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング